ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「亜細亜大学国際女子オープンテニス」(東京・亜細亜大学日の出キャンパス/本戦3月21~26日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)の本戦5日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス決勝が行われた。

 シングルスは、キム・ナリ(韓国)が牛島里咲(筑波大学)を6-1 6-1で、予選勝者のイ・ソラ(韓国)はキム・ダビン(韓国)を7-6(0) 6-7(2) 6-3で破り、それぞれ決勝に進出した。

 ダブルス決勝はノーシード同士の対戦となり、キム・ナリ/イが細沼千紗(早稲田大学)/森崎可南子(筑波大学)を6-4 7-5で下して優勝を果たした。試合時間は1時間10分。

 前週の豊田(ITF2.5万ドル/ハードコート)をチェ・ジヒ(韓国)とのコンビで制していたキムは、2週連続優勝でダブルスのタイトルを獲得した。

 キムとイのコンビは、2月のフェドカップ・アジア・オセアニアグループ1部(インド・ニューデリー/2ハードコート)で初めてペアを組んでダブルス出場し、1勝1敗の戦績を残していた。

 両者は単複2冠をかけて、シングルス決勝で対戦することになる。

 今大会でのチェ/キムは、1回戦で予選勝者の川村周子/李淑玲(ともに亜細亜大学)を6-0 6-3で、準々決勝で第2シードのハン・ナレ/キム・ダビン(ともに韓国)を3-6 6-3 [11-9]で、準決勝では第4シードのチェ・ジヒ/パク・サンヒ(ともに韓国)を6-1 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 大会最終日の3月25日(日)は11時00分から、シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、Qは予選勝者

シングルス準決勝

○6イ・ソラ(韓国)[Q] 7-6(0) 6-7(2) 6-3 ●15キム・ダビン(韓国)

○17キム・ナリ(韓国)6-1 6-1 ●28牛島里咲(筑波大学)

ダブルス決勝

○13キム・ナリ/イ・ソラ(韓国)6-4 7-5 ●2細沼千紗/森崎可南子(早稲田大学/筑波大学)

※写真は右からダブルス優勝のキム・ナリ、イ・ソラ、準優勝の細沼千紗、森崎可南子
写真提供◎亜細亜大学国際テニス大会事務局

This article is a sponsored article by
''.