「第40回全国選抜高校テニス大会」(3月20~26日/博多の森テニス競技場、春日公園テニスコート)の大会最終日、26日(月)は男女個人戦の準決勝と決勝が3セットマッチで行われ、女子決勝は吉岡希紗(四日市商)が齊藤唯(早稲田実業)を6-1 6-4で下して初優勝。USオープン・ジュニア予選の出場権を獲得した。

 個人戦の準決勝は、吉岡が押川千夏(仁愛女子)を7-6(5) 6-2で破って決勝に進出。もう一方は、ただひとりベスト4入りした1年生の齊藤が、団体優勝を果たした相生学院の伊藤さつきを6-0 6-2で下して決勝に勝ち上がった。

画像: 決勝前の吉岡(左)と齊藤

決勝前の吉岡(左)と齊藤

 両者は公式戦での対戦は初めて。練習試合での対戦はあり、そのときは齊藤が勝利していた。「チャレンジャーの気持ちで、自分から攻めるテニスができた」と吉岡。序盤から一気にたたみかける。

 第1セットの第1ゲームから5ゲームを連取。得意のフォアハンドを軸に齊藤を崩しにかかる。一度はブレークを許すも、すぐさま奪い返して6-1で先取した。

画像: 四日市商の吉岡は徹底的に鍛えた攻撃力を発揮

四日市商の吉岡は徹底的に鍛えた攻撃力を発揮

 続くセットも吉岡の勢いは止まらない。「少しでもボールが浮くと打ち込まれてしまう」と齊藤が語るように、171cmから繰り出す鋭いショットが決まる。2度のブレークを奪って4-0と突き放した。

 ここから齊藤の粘りと「勝ちを意識し過ぎた」ことで3ゲームを落としたが、最後まで攻める姿勢は変わらない。4-3からブレークを奪うと、最後はサービスをキープして優勝を決めた。

 四日市商業のエースとして団体戦に出場した吉岡。“夏春連覇”を目指したがベスト8に終わった。男子団体は同じ地元の四日市工(三重)が日本一に輝き、「すごく感動した分、自分たちが優勝できずに悔しかった。個人戦は獲ろう!と頑張りました」と笑みがこぼれる。USオープン・ジュニア予選の出場権を決め、「自分がどれだけできるか試してみたい」と目を輝かせた。

画像: 「自分ができることはやった」と齊藤(早稲田実業)

「自分ができることはやった」と齊藤(早稲田実業)

「完全に相手の実力が上でした」と敗れた齊藤。本来は自ら仕掛ける展開を得意とするも、吉岡のボールに差し込まれて思うようなプレーができなかった。ただ、「ここで優勝するよりも“自分はまだまだ”と実感できた」と口にし、前を向く。

 個人戦1回戦ではオーストラリアン・オープン・ジュニアのダブルスに出場した西郷幸奈(秀明八千代)との打ち合いを制して自信も深めた。1年生での優勝は逃したものの、「まだ来年もあるので、次こそは優勝して絶対にUSオープンに出たい」と力強く語った。

写真◎上野弘明

(編集部◎中野恵太)

This article is a sponsored article by
''.