「マイアミ・オープン」(ATP1000/アメリカ・フロリダ州マイアミ/3月21日~4月1日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子ダブルス準々決勝で、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)がニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)を6-1 7-6(4)で倒し、ベスト4進出を果たした。試合時間は1時間14分。

 ストルフとマクラクランは、4強入りした1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)以来のダブルス出場。内山靖崇(北日本物産)とのペアで臨んだ昨年10月の東京(ATP500/ハードコート)で優勝を果たした25歳のマクラクランは、今回が2度目のATPツアー・マスターズ1000参戦となる。

 今大会でのマクラクラン/ストルフは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のマルセロ・デモリナー(ブラジル)/ダニエル・ネスター(カナダ)を6-4 7-5で、2回戦では第5シードのジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)/オリア・テカウ(ルーマニア)を6-7(5) 6-4 [10-7]で破って8強入りを決めていた。

 マクラクラン/ストルフは準決勝で、第4シードのボブ・ブライアン/マイク・ブライアン(ともにアメリカ)と対戦する。ブライアン兄弟は準々決勝で、レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)を3-6 7-6(5) [10-8]で下しての勝ち上がり。

※写真は2回戦でのマクラクラン勉(左)/ヤン レナード・ストルフ
KEY BISCAYNE, FL - MARCH 26: Ben McLachlan of Japan and Jan Leonard Struff of GermanyJean Julien Rojer of the Netherlands and Horia Tecau of Romania play against Jean Julien Rojer of the Netherlands and Horia Tecau of Romania during Day 8 of the Miami Open at the Crandon Park Tennis Center on March 26, 2018 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.