アメリカ・フロリダ州マイアミで開催されている「マイアミ・オープン」(ATP1000/3月21日~4月1日/賞金総額890万9960ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝。

 今年最初の3ヵ月、ジョン・イズナー(アメリカ)にとって簡単にもたらされるものは何もなく、彼は出場したすべての大会で本質的に重要な役を演じていなかった。そう、このマイアミまでは。

 ビッグサーブが武器のイズナーは水曜日の午後、1時間余りしかかけずにチョン・ヒョン(韓国)を6-1 6-4で圧倒し、 ここ4年で2度目のマイアミ・オープン準決勝進出を果たした。第14シードのイズナーは13本のサービスエースを決め、ファーストサービスからの32ポイントのうち31ポイントを獲得して、第19シードのチョンに1月のオークランド1回戦で敗れた雪辱を果たした。

「僕はすごくいいプレーをした」とイズナーは言った。彼はマイアミにやってくる前に、2018年の最初の8試合のうち6試合で敗れていたが、ここキービスケーンではプレーした9セットのうち8セットを取っていた。

「この大会でプレーするたびに、僕はどんどんよくなっていく。僕はより強くなっており、これは非常にいいサインだ」

 彼は、この傾向が準決勝まで続くよう願っている。

 今週、4回戦で第2シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を倒したイズナーは、次の準決勝で第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と対戦する。デル ポトロは、第20シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を5-7 7-6(1) 7-6(3)で破って勝ち上がった。

 オークランドで対戦したとき、イズナーはチョンに2度サービスをブレークされた。しかしこの日、イズナーがブレークポイントに直面したのはわずか一度だけだった。

「完璧なコンディションだった」とイズナーは言った。彼は2015年のキービスケーンの準決勝で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れていた。

「過去にも僕はここでいいプレーをしてきたし、ふたたびここでいいプレーをしていることをすごくうれしく思うよ」(C)AP(テニスマガジン)

※[ ] 内の数字はシード順位

男子シングルス準々決勝

パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[16] vs ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[6]

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[4] vs ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[29]

◯フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[5] 5-7 7-6(1) 7-6(3) ●ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[20]

◯ジョン・イズナー(アメリカ)[14] 6-1 6-4 ●チョン・ヒョン(韓国)[19]

※写真はジョン・イズナー(アメリカ)
KEY BISCAYNE, FL - MARCH 28: John Isner celebrates match point against Hyeon Chung of Korea during the quarterfinals of the Miami Open Presented by Itau at Crandon Park Tennis Center on March 28, 2018 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.