「第6回全国選抜中学校テニス大会」(3月29~31日/団体戦/競技:香川県総合運動公園テニス場 屋外人工芝20面)は31日(土)、男女団体準々決勝、準決勝、決勝が行われ、男子は日本大学第三(東京)が浪速(大阪)を2勝1敗で破り、3年連続4回目の出場で初優勝を飾った。同校は昨年も決勝を戦い、甲南(兵庫)に敗れて準優勝だった。一方の女子は、初出場の川口市立小谷場(埼玉)が大分市立南大分(大分)を2勝1敗で倒し、全国の頂点に立った。準優勝の男子・浪速は2年連続3度目、女子・南大分は3年連続のセンバツ出場で初めてベスト8の壁を破ったあと、決勝まで進んだ。

中学センバツのルール◎チーム編成は、1チーム10名(最低5名必要)。試合方法はトーナメント方式の団体戦で、ダブルス2試合+シングルス1試合の合計3試合(試合順D2→S1→D1)で争われる。1回戦から準決勝までは1セットマッチ、決勝のみ8ゲームマッチ

※以下、丸数字は学年

男子団体決勝

浪速(大阪)1-2 日本大学第三(東京)

D2 ◯永山寛基①/松田稔生① 8-2 ●勝野太地②/伊藤大志①
S1 ●小嶋修史② 7-9 ◯勝田匠②
D1 ●羽田峻也②/向井晃太② 2-8 ◯岡部悠希②/吉村玲音②

女子団体決勝

川口市立小谷場(埼玉) 2-1 大分市立南大分(大分)

D2 ◯小塚しおり①/伊藤菖① 8-1 ●古長果歩①/佐伯心結①
S1 ●市岡瑞希② 3-8 ◯伊賀上瑛穂②
D1 ◯石丸愛海香②/宮下智華② 8-6 ●杉田千紘②/後藤綾伽②

This article is a sponsored article by
''.