ITF(国際テニス連盟)14才以下国別対抗戦「ワールドジュニア アジア・オセアニア最終予選」(タイ・ノンタブリー/3月26~31日/ハードコート)の男子大会は最終日を迎え、決勝トーナメントの決勝などが行われた。

 昨年に続いて決勝に進出した日本は、準決勝でオーストラリア(グループA・1位)を2勝0敗で破った中国(グループD・1位)と2年連続で対戦したが、0勝2敗で敗れて準優勝に終わった。

 この結果により、日本は世界大会にアジア・オセアニア地区2位で出場することが決まった。

 この大会の上位進出国(出場枠は男女各4ヵ国)はワールドジュニア決勝大会(チェコ・プレステヨフ)の出場権を獲得する。昨年は男子が準優勝を果たして世界大会出場を決めたが、女子は6位で予選敗退に終わっていた。

ワールドジュニア男子日本代表

監督◎櫻井準人

選手◎ジョーンズ怜音(暁中学)、森田皐介(一筆テニスクラブ)、水口翔瑛(テニスプラザ尼崎)

※国名の左に付いている数字はドロー番号

決勝トーナメント結果

決勝

○3中国(グループD・1位)0-2 ●8日本(グループB・1位)

S2 ○LE LIU 6-4 6-2 ●森田
S1 ○BOREN ZHENG 6-2 6-1 ●ジョーンズ
D XINGDAO CHEN/ZHENG 打切 ジョーンズ/水口

3-4位決定戦

●オーストラリア(グループA・1位)1-2 ○タイ(グループC・1位)

5-6位決定戦

●台湾(グループB・2位)0-2 ○韓国(グループA・2位)

7-8位決定戦

○カタール(グループC・2位)2-1 ●インド(グループD・2位)

9-16位トーナメント結果

決勝

●1インドネシア(グループA・3位)1-2 ○6香港(グループC・3位)

3-4位決定戦

●ニュージーランド(グループD・3位)1-2 ○シリア(グループB・3位)

5-6位決定戦

●スリランカ(グループB・4位)0-3 ○ウズベキスタン(グループD・4位)

7-8位決定戦

○カザフスタン(グループC・4位)2-0 ●レバノン(グループA・4位)

最終順位

1位 中国
2位 日本
3位 タイ
4位 オーストラリア
5位 韓国
6位 台湾
7位 カタール
8位 インド
9位 香港
10位 インドネシア
11位 シリア
12位 ニュージーランド
13位 ウズベキスタン
14位 スリランカ
15位 カザフスタン
16位 レバノン

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.