男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ準々決勝「スペイン対ドイツ」(4月6~8日/スペイン・バレンシア/クレーコート)のダブルスで、ティム・プッツ/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)がフェリシアーノ・ロペス/マルク・ロペス(スペイン)に6-3 6-4 3-6 6-7(4) 7-5で競り勝ち、ドイツの2勝1敗で2日目を終えた。

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|ITFデビスカップ準々決勝

 4時間40分かかったこの試合で、最後はプッツがサービスゲームをキープして激戦に終止符を打った。

 ドイツペアは第5セットで5つのブレークポイントを凌いだ末に、逆にブレークを果たして6-5とリードし、最後にはスペインペアのカムバックを押しとどめた。

 初日に勝利を収めた世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)は、日曜日に世界4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)とのエース対決に臨む。この試合後に、ダビド・フェレール(スペイン)がフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と戦うことになる。

 スペインは、1949年から1964年にかけて29対戦連続でホームマッチに勝ったイタリアの記録に追いつく希望をつなげたいのであれば、最終日のシングルスの双方で勝つ必要がある。

 ホームでのスペインは1999年のブラジルとの1回戦以来、ここまで26連勝を続けている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は2月のオーストラリア戦でのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)
VALENCIA, SPAIN - APRIL 07: Feliciano Lopez (L) and Marc Lopez of Spain stand at net together with Tim Puetz (R) and Jan-Lennard Struff of Germany before day two of the Davis Cup World Group Quarter Final match between Spain and Germany at Plaza de Toros de Valencia on April 7, 2018 in Valencia, Spain. (Photo by Manuel Queimadelos Alonso/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.