男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ(デ杯)ワールドグループ・プレーオフの組み合わせ抽選が行われ、日本はボスニア・ヘルツェゴビナとホームで対戦することが決まった。両国は今回が初対戦となる。試合は9月14日(金)から16日(日)に行われる。

 日本は岩手県・盛岡タカヤアリーナで行われたワールドグループ1回戦(2月2~4日/室内ハードコート)でイタリアに1勝3敗で敗退。4年連続でワールドグループ残留をかけたプレーオフを戦う。

 ボスニア・ヘルツェゴビナはヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(スロバキア・ブラチスラバ/4月6、7日/室内クレーコート)でスロバキアを3勝2敗で倒し、初のプレーオフ進出を果たしている。

※[ ]数字はシード順位、◎は開催国、世界ランクは4月9日付

ワールドグループ・プレーオフ組み合わせ|9月14~16日

◎アルゼンチン[1] vs コロンビア

◎イギリス[2] vs ウズベキスタン

オーストラリア[3] vs ◎オーストリア

◎スイス[4] vs スウェーデン

------

◎セルビア[5] vs インド

◎カナダ[6] vs オランダ

チェコ[7] vs ◎ハンガリー

◎日本[8] vs ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナ上位選手

ダミアー・ジュムホール(シングルス32位/ダブルス158位)
ミルザ・バシッチ(シングルス94位/ダブルス727位)
アルディン・セキッチ(シングルス218位/ダブルス431位)
トミスラフ・ブルキッチ(シングルス260位/ダブルス278位)

日本チーム上位選手

錦織圭(日清食品:シングルス39位/ダブルス--位)
杉田祐一(三菱電機:シングルス43位/ダブルス--位)
ダニエル太郎(エイブル:シングルス111位/ダブルス1177位T)
添田豪(GODAI:シングルス153位/ダブルス340位)
伊藤竜馬(北日本物産:シングルス155位/ダブルス1000位)
内山靖崇(北日本物産:シングルス225位/ダブルス114位)
マクラクラン勉(シングルス--位/ダブルス29位)

※写真は1回戦のイタリア戦での杉田祐一(三菱電機)
MORIOKA, JAPAN - FEBRUARY 04: Yuichi Sugita of Japan celebrates a point in his singles match against Fabio Fognini of Italy during day three of the Davis Cup World Group first round between Japan and Italy at Morioka Takaya Arena on February 4, 2018 in Morioka, Iwate, Japan. (Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.