「MUFGジュニアテニストーナメント」(4月10~14日/愛知県名古屋市・東山公園テニスセンター/砂入り人工芝コート)の大会4日目は男女シングルス準決勝などが行われ、ファイナリストが出揃った。

 男子は上位2シードが敗れ、第4シードの山田倫太朗(埼玉/U.T.PあたごTC:14歳)と第13シードの有本響(東京/桜田倶楽部:14歳)が決勝に進出。女子は第1シードの今村咲(京都/パブリックテニス小倉:15歳)と第2シードの長谷川愛依(愛知/岐阜インターナショナルテニスクラブ:14歳)が勝ち上がり、決勝はトップ2シードの対戦となった。

 男女のコンソレーション決勝も行われ、小川智裕(福岡/柳川高等学校:16歳)と丸古陽女(広島/やすいそ庭球部:15歳)が優勝を果たした。

 MUFGジュニアテニストーナメントは16歳以下の男女シングルス各64ドローで争われる全国大会で、海外派遣選手の選考会を兼ねている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス準決勝

○24有本響(東京/桜田倶楽部:14歳)[13] 6-3 6-2 ●1稲川大介(愛知/TEAM YONEZAWA名古屋:15歳)[1]

○48山田倫太朗(埼玉/U.T.PあたごTC:14歳)[4] 6-2 3-6 6-4 ●64石井涼太(千葉/INABA TENNIS SCHOOL:16歳)[2]

女子シングルス準決勝

○1今村咲(京都/パブリックテニス小倉:15歳)[1] 6-4 3-6 6-4 ●17新見小晴(岡山/柳生園テニスクラブ:15歳)[3]

○64長谷川愛依(愛知/岐阜インターナショナルテニスクラブ:14歳)[2] 6-3 6-3 ●41石橋彩由(千葉/アートヒルテニスクラブ:15歳)[13]

男子コンソレーション決勝

○11小川智裕(福岡/柳川高等学校:16歳)6-7(2) 6-4 [10-4] ●伊藤厚陽(愛知/名古屋経済大学市邨高等学校:15歳)

女子コンソレーション決勝

○丸古陽女(広島/やすいそ庭球部:15歳)6-3 6-1 ●松田絵理香(神奈川/レニックステニススクール:14歳)[6]

写真◎テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.