4月21日(土)と22日(日)に行われる「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ2部プレーオフ「日本対イギリス」(兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)の組み合わせ抽選が行われた。

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|ITFフェドカップ準決勝&プレーオフ「イギリス対日本」、日本代表で大坂なおみ出場

 日本は、シングルスが大坂なおみ(日清食品:単22位)と奈良くるみ(安藤証券:単100位)、ダブルスは二宮真琴(橋本総業ホールディングス:複40位)と加藤未唯(ザイマックス:複55位)の布陣で臨む。

 対するイギリスは、シングルスにジョハナ・コンタ(単23位)とヘザー・ワトソン(単77位)、ダブルスにはアンナ・スミス(複48位)とガブリエラ・テイラー(複499位)を起用した。

 抽選の結果、初日のシングルスは、第1試合が大坂とワトソン、第2試合は奈良とコンタが対戦する。2日目は、対戦相手を入れ替えたシングルス2試合とダブルス1試合が行われる予定となっている。ただし、出場選手はフェド杯ルールに基づき変更される可能性がある。

 フェド杯は男子のデビスカップ(デ杯)と同様に、ITF(国際テニス連盟)が主催する女子テニスの国別対抗戦。世界の上位16ヵ国が争うトップカテゴリーは「ワールドグループ」と「ワールドグループ2」の2部(8ヵ国ずつ)に分けられている。

 日本は2月7日(水)から10日(土)にかけてインド・ニューデリー(RK カナ テニス・スタジアム/ハードコート)で開催されたアジア・オセアニアグループ1部を勝ち抜き、3年ぶりのプレーオフ進出を決めた。

 イギリスはヨーロッパ・アフリカグループ1部(エストニア・タリン/2月7~10日/室内ハードコート)に出場。シングルスがコンタとワトソン、ダブルスにケイティ・ブルター/スミスの布陣でグループリーグはポルトガルとエストニアを相手に全勝し、昇格プレーオフではハンガリーを2勝0敗で破ってプレーオフ進出を果たしている。

 日本とイギリスは過去に1972年と1985年に2度対戦があり、いずれもイギリスが勝利をおさめている。

※文中の世界ランクは4月16日付

第1日 4月21日(土) 13時00分~

第1試合 大坂なおみ(日清食品:単22位)vs ヘザー・ワトソン(単77位)

第2試合 奈良くるみ(安藤証券:単100位)vs ジョハナ・コンタ(単23位)

第2日 4月22日(日) 12時00分~

第3試合 大坂なおみ(日清食品:単22位)vs ジョハナ・コンタ(単23位)

第4試合 奈良くるみ(安藤証券:単100位)vs ヘザー・ワトソン(単77位)

第5試合 加藤未唯(ザイマックス:複55位)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス:複40位)vs アンナ・スミス(複48位)/ガブリエラ・テイラー(複499位)

※ルールにより第2日目は試合数および試合形式を変更して行う場合あり

※写真はインディアンウェルズの大会での大坂なおみ(日清食品)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 18: Naomi Osaka of Japan celebrates a point in her victory in the WTA final over Daria Kasatkina of Russia with her coach Sascha Bajin during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 18, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Harry How/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.