女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ2部プレーオフ「日本対イギリス」(4月21、22日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は初日、シングルス2試合が行われ、両国はエースの勝利で1勝ずつ星を分けた。

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|フェドカップ準決勝&プレーオフ「日本対イギリス」

 まず第1試合で、日本のエースの大坂なおみ(日清食品)がイギリスのナンバー2、ヘザー・ワトソンに6-2 6-3で快勝。今回が初めてのホームでのフェド杯となる大坂は、「太鼓を使った応援が、想像していたより大きな音でびっくりした」と言いながらも、落ち着いた力強いプレーを見せた。

 第1セット第3ゲームを4度のデュースの末に我慢のキープに成功した大坂は、続く第4ゲームをブレーク。ワトソンのダブルフォールトも生かして、5-2から2度目のブレークでセットを締めくくった。

 時速200km近いサービスエースに、コーナーに突き刺さるウィナーに、スタンドがどよめく。大坂が関西でプレーするのは3年半ぶり。2014年、当時は大阪で行われていたジャパンウィメンズオープン以来だ。ランキングはまだ265位だった頃で、注目度は今回と比較にならない。ここで大坂を初めて見たファンも多かったに違いない。

 第2セットは第4ゲームでブレーク。ワトソンにも第1ゲーム、第9ゲームでブレークのチャンスがあったが、大坂がサービスエースやウィナーなどですべてしのぎ、反撃のきっかけをつかませなかった。

「私がチャンスをつかんだときは必ずなおみがいいプレーをした。大事な場面での勝負強さに、今の自信の大きさが表れている」とワトソン。インディアンウェルズ以降の連戦の疲れも心配された大坂だが、「家族と楽しい時間を過ごしたので、今は元気」と話し、「みんなが同じゴールに向かっている感じが楽しい」とチーム戦を楽しんでいる。

 過去3敗しているジョハナ・コンタ(イギリス)との対決にも「どちらも負けられないから緊張感のある試合になるけど、楽しみ」とポジティブだ。 
 
        ◇   ◇   ◇

 第2試合は奈良くるみ(安藤証券)がコンタに4-6 2-6で敗れたが、スコアよりも競った印象だ。

 第1、第2セットともに2度ずつ、コンタのサービスゲームでデュースに持ち込んだ。そのうちブレークできたのは1度だけで、逆に相手には4度のブレークを許したが、持ち味のフットワークで粘りのプレーを見せる奈良にスタンドの応援にも気持ちがこもる。

 団体戦では勝ち負けと同じように、勝ち方、そして負け方も重要なのだ。

「なおみちゃんが安定したプレーで勝ってくれたおかげで、手応えという意味ではワトソン選手より私のほうがあったはず。明日はそれがプラスになると思っている」

 そう話す奈良の役割はコート上だけではない。26歳でチーム最年長の奈良はチームリーダーでもあり、「積極的に大坂に話しかけて距離を縮めたり、場を和ませたりしてくれる」と土橋監督。大坂も「くるみはいつもハッピーな感じ」と笑っていた。

画像: 第2試合で対戦した日本の奈良くるみ(安藤証券/右)とイギリスのジョハナ・コンタ(左) (撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

第2試合で対戦した日本の奈良くるみ(安藤証券/右)とイギリスのジョハナ・コンタ(左) (撮影◎毛受亮介/テニスマガジン)

 19歳のときに初めてチーム入りした奈良の、自身のポジションに対する理解と実行力がこの若いチームの一つの財産だ。

 そんな大坂と奈良で、明日は日本を勝利へ導けるか。ダブルスには2月のアジア・オセアニアグループ1部以降もペアとして実戦を重ねてきた加藤未唯(ザイマックス)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が控える。

(ライター◎山口奈緒美)

※文中の世界ランクは4月16日付、出場選手は変更される可能性があります。

ワールドグループ2部プレーオフ 日本 1-1 イギリス

第1日|4月21日(土)

第1試合 ○大坂なおみ(日清食品:単22位)6-2 6-3 ●ヘザー・ワトソン(単77位)

第2試合 ●奈良くるみ(安藤証券:単100位)4-6 2-6 ○ジョハナ・コンタ(単23位)

第2日|4月22日(日)

第3試合 大坂なおみ(日清食品:単22位)vs ジョハナ・コンタ(単23位)

第4試合 奈良くるみ(安藤証券:単100位)vs ヘザー・ワトソン(単77位)

第5試合 加藤未唯(ザイマックス:複55位)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス:複40位)vs アンナ・スミス(複48位)/ガブリエラ・テイラー(複499位)

※ルールにより第2日目は試合数および試合形式を変更して行う場合あり

※トップ写真は大坂なおみ(日清食品)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.