「ロレックス・モンテカルロ・マスターズ」(ATP1000/モナコ・モンテカルロ/4月15~22日/賞金総額523万8735ドル/クレーコート)の男子シングルス決勝で、世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)と日本の錦織圭(日清食品)が対戦する。

 ナダルは大会11度目、キャリア通算76度目の優勝を目指し、錦織はマスターズ初、キャリア通算12度目の優勝をかけた戦いとなる。試合開始は日本時間21時30分から。

 以下は準決勝までの勝ち上がり([  ]数字はシード順位)と、両者全対戦成績。

ラファエル・ナダル(スペイン)

1986年6月3日生まれ、31歳

準決勝 グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[4] 6-4 6-1
準々決勝 ドミニク・ティーム(オーストリア)[5] 6-0 6-2
3回戦 カレン・ハチャノフ(ロシア)6-3 6-2
2回戦 アルヤズ・ベデネ(スロベニア)6-1 6-3
1回戦 BYE

錦織圭(日本/日清食品)

1989年12月29日生まれ、28歳

準決勝 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[3] 3-6 6-3 6-4
準々決勝 マリン・チリッチ(クロアチア)[2] 6-4 6-7(1) 6-3
3回戦 アンドレアス・セッピ(イタリア)6-0 2-6 6-3
2回戦 ダニール・メドベデフ(ロシア)7-5 6-2
1回戦 トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[12] 4-6 6-2 6-1

ナダル対錦織圭、全対戦成績

2016リオ五輪3位決定戦(ハード)錦織 6-2 6-7(1) 6-3

2016バルセロナ決勝(クレー)ナダル 6-4 7-5

2016インディアンウェルズ準々決勝(ハード)ナダル 6-4 6-3

2015カナダ準々決勝(ハード)錦織 6-2 6-4

2014マドリッド決勝(クレー)ナダル 2-6 6-4 3-0 途中棄権

2014オーストラリアン・オープン4回戦(ハード)ナダル 7-6(3) 7-5 7-6(3)

2013フレンチ・オープン4回戦(クレー)ナダル 6-4 6-1 6-3

2012マイアミ4回戦(ハード)ナダル 6-4 6-4

2011マイアミ2回戦(ハード)ナダル 6-4 6-4

2010ウインブルドン1回戦(グラス)ナダル 6-2 6-4 6-4

2008クイーンズ2回戦(グラス)ナダル 6-4 3-6 6-3

※写真は右がラファエル・ナダル、左が錦織圭(Getty Images)
 

This article is a sponsored article by
''.