「第54回 東京オープンテニス選手権大会 by DUNLOP」(東京都江東区・有明テニスの森公園テニスコート/本戦4月17~22日/賞金総額:男女各100万円/ハードコート)が開催され、大学生同士の対戦となった男子シングルス決勝は予選から勝ち上がってきた岡垣光祐(法政大学)が第5シードの逸﨑凱人(慶應義塾大学)を6-4 6-4で下して優勝を飾った。

 やはり大学生同士の対戦となったとなった男子ダブルス決勝は、第2シードの今村昌倫(慶應義塾大学)/逸﨑が岡垣/賀川稜太(法政大学)を6-4 6-1で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

上位の試合結果

男子シングルス決勝

○7岡垣光祐(法政大学)[Q] 6-4 6-4 ●25逸﨑凱人(慶應義塾大学)[5]

男子シングルス準決勝

○7岡垣光祐(法政大学)[Q] 6-1 6-1 ●10小見山僚(法政大学)[WC]

○25逸﨑凱人(慶應義塾大学)[5] 7-5 6-4 ●22今村昌倫(慶應義塾大学)[Q]

男子シングルス準々決勝

○7岡垣光祐(法政大学)[Q] 7-5 5-7 6-4 ●1松尾友貴(橋本総業ホールディングス)[1]

○10小見山僚(法政大学)[WC] 不戦勝 ●16田村和也(tennis365.net)[6]

○22今村昌倫(慶應義塾大学)[Q] 1-6 7-5 6-3 ●18白石光(有明JTA)

○25逸﨑凱人(慶應義塾大学)[5] 6-2 6-3 ●32髙田航輝(佐鳴台ローンテニスクラブ)[2]

男子ダブルス決勝

○16今村昌倫/逸﨑凱人(慶應義塾大学)[2] 6-4 6-1 ●2岡垣光祐/賀川稜太(法政大学)

男子ダブルス準決勝

○2岡垣光祐/賀川稜太(法政大学)6-2 7-6(2) ●7斉藤秀/髙田航輝(テニスハウスfun/佐鳴台ローンテニスクラブ)

○16今村昌倫/逸﨑凱人(慶應義塾大学)[2] 6-2 6-4 ●12濱中重宏/金城光(ひばりヶ丘新豊テニスクラブ/アスリードTA)[4]

画像: 左から男子ダブルス準優勝の岡垣光祐、賀川稜太、優勝の今村昌倫、逸﨑凱人(写真提供◎東京都テニス協会)

左から男子ダブルス準優勝の岡垣光祐、賀川稜太、優勝の今村昌倫、逸﨑凱人(写真提供◎東京都テニス協会)

※トップ写真は男子シングルス優勝の岡垣光祐(法政大学/右)と準優勝の逸﨑凱人(慶應義塾大学/左)
写真提供◎東京都テニス協会

This article is a sponsored article by
''.