「ポルシェ・テニス・グランプリ」(ドイツ・シュツットガルト/4月23~29日/賞金総額81万6000ドル/室内クレーコート)のシングルス1回戦で、第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマリア・シャラポワ(ロシア)を3-6 7-6(6) 6-4で倒し、初戦を突破した。試合時間は2時間44分。

 今大会に2年連続6度目の出場となったシャラポワは、初出場だった2012年から14年に3連覇を達成。薬物使用による15ヵ月の出場停止処分からの復帰戦としてプレーした昨年は準決勝まで勝ち進み、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に6-3 5-7 4-6で敗れていた。

 ガルシアは2回戦で、ワイルドカードのアントニア・ロットナー(ドイツ)を6-4 6-1で破って勝ち上がった15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)と対戦する。コスチュクは予選3試合を勝ち抜き、初のWTAツアー本戦入りを決めていた。

 そのほかの試合では、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、予選勝者のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)、ワイルドカードのラウラ・シグムンド(ドイツ)が2回戦に駒を進めた。

 プリスコバが3週間前のチャールストン(WTAプレミア/クレーコート)で優勝したキキ・バーテンズ(オランダ)を6-2 6-2で、ボンドルソバがユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-2 6-2で、前年覇者のシグムンドはバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-4 6-3で下しての勝ち上がり。

 ポルシェ・テニス・グランプリははWTAツアー・プレミアに格付けされる大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位(シングルス)

シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[2]
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[3]
エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真は1回戦で対戦したカロリーヌ・ガルシア(フランス/右)とマリア・シャラポワ(ロシア/左)
STUTTGART, GERMANY - APRIL 24: Caroline Garcia of France and Maria Sharapova of Russia shake hands after their match during day 2 of the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche-Arena on April 24, 2018 in Stuttgart, Germany. (Photo by Alex Grimm/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.