「ポルシェ・テニス・グランプリ」(WTAプレミア/ドイツ・シュツットガルト/4月23~29日/賞金総額81万6000ドル/室内クレーコート)のシングルス2回戦で、第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が予選勝者のマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と対戦。スビトリーナから2-6 6-1 3-2の時点でボンドルソバが右大腿部の故障で棄権したため、準々決勝進出が決まった。試合時間は1時間29分。

 また、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦した第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が腰の故障で、アネット・コンタベイト(エストニア)と対戦したアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は右大腿部の故障で、それぞれ試合途中でリタイアした。

 そのほかの試合では、第4シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)がザリナ・ディアス(カザフスタン)を6-3 6-0で、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がヴェロニカ・クデルメトバ(ロシア)を7-6(4) 6-3で、第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)が15歳のマルタ・コスチュク(ウクライナ)を6-1 3-6 7-5で、ココ・バンダウェイ(アメリカ)は前年覇者のラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-4 4-6 6-3で破り、ベスト8が出揃った。

 準々決勝では、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がバンダウェイと、スビトリーナがガルシアと、オスタペンコがプリスコバと、パブリウチェンコワはコンタベイトと対戦する。

※写真はエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)
STUTTGART, GERMANY - APRIL 26: Elina Svitolina of Ukraine serves the ball to Marketa Vondrousova of Czech Republic during day 4 of the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche-Arena on April 26, 2018 in Stuttgart, Germany. (Photo by Alex Grimm/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.