「平成30年度 北信越学生テニストーナメント大会」(富山県中新川郡・常願寺川公園テニスコート/本戦4月23~28日)の本戦5日目は、男子シングルス準決勝および女子シングルスと男女ダブルスの決勝が行われた。

 上位4シードが4強を独占した女子シングルスの決勝は信州大学同士の対戦となり、第4シードの征矢愛耶乃(2年)が第2シードの加藤真帆(3年)を6-4 6-0で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第1シードの大岩悠樹/渥美拓海(信州大学3年/3年)が第3シードの小間陸嗣/藤井航大(金沢大学4年/2年)を5-7 6-2 [13-11]で、トップ2シードの対戦となった女子ダブルス決勝は第1シードの木村明日香/今井未来(金沢大学4年/4年)が第2シードの加藤/征矢を2-6 6-2 [10-6]で倒し、それぞれタイトルを獲得した。

 北信越学生テニストーナメント大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス準決勝

○1小間陸嗣(金沢大)[1] 6-3 4-6 6-1 ●32渥美拓海(信州大)[4]

○49宗近源太郎(金医大)[7] 6-4 6-2 ●33箸本涼真(金沢大)[3]

女子シングルス決勝

○16征矢愛耶乃(信州大)[4] 6-4 6-0 ●32加藤真帆(信州大)[2]

男子ダブルス決勝

○1大岩悠樹/渥美拓海(信州大)[1] 5-7 6-2 [13-11] ●17小間陸嗣/藤井航大(金沢大)[3]

女子ダブルス決勝

○1木村明日香/今井未来(金沢大)[1] 2-6 6-2 [10-6] ●16加藤真帆/征矢愛耶乃(信州大)[2]

画像: 男子ダブルス優勝の大岩悠樹(左)/渥美拓海(信州大学3年/3年)(写真提供◎北信越学生テニス連盟)

男子ダブルス優勝の大岩悠樹(左)/渥美拓海(信州大学3年/3年)(写真提供◎北信越学生テニス連盟)

画像: 女子ダブルス優勝の木村明日香(左)/今井未来(金沢大学4年/4年)(写真提供◎北信越学生テニス連盟)

女子ダブルス優勝の木村明日香(左)/今井未来(金沢大学4年/4年)(写真提供◎北信越学生テニス連盟)

※トップ写真は女子シングルス優勝の征矢愛耶乃(信州大学2年)
写真提供◎北信越テニス連盟


This article is a sponsored article by
''.