「ポルシェ・テニス・グランプリ」(WTAプレミア/ドイツ・シュツットガルト/4月23~29日/賞金総額81万6000ドル/室内クレーコート)のシングルス準々決勝が行われ、第5シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第6シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のココ・バンダウェイ(アメリカ)、アネット・コンタベイト(エストニア)の4人が準決勝に勝ち進んだ。

 プリスコバが第4シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を5-7 7-5 6-4で、ガルシアが第3シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)を6-7(4) 6-4 6-2で、バンダウェイが第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6-4 6-1で、コンタベイトはアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を7-5 6-7(6) 6-4で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、プリスコバがコンタベイトと、ガルシアはバンダウェイと対戦する。

※写真はココ・バンダウェイ(アメリカ)
STUTTGART, GERMANY - APRIL 27: CoCo Vandeweghe of the United States celebrates after defeating Simona Halep of Romania during day 5 of the Porsche Tennis Grand Prix at Porsche-Arena on April 27, 2018 in Stuttgart, Germany. (Photo by Alex Grimm/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.