ITF(国際テニス連盟)の女子8万ドル大会「Boyd Tinsley クレーコート・クラシック」(アメリカ・バージニア州シャーロッツビル/4月23~29日/クレーコート)のシングルス準々決勝で、大坂まり(日本)は第5シードのアンへリーナ・カリニーナ(ウクライナ)に2-6 7-6(5) 5-7で敗れ、ベスト4進出はならなかった。試合時間は2時間41分。

 予選3試合を勝ち抜き本戦入りを果たした大坂は、1回戦でキャサリン・セボフ(カナダ)を1-6 7-6(7) 6-1で、2回戦では第1シードのマディソン・ブレングル(アメリカ)を6-1 6-2で破って8強入りを決めていた。

 そのほかの日本勢は、尾﨑里紗(江崎グリコ)が単複に出場。シングルスが2回戦で、ペトラ・ヤヌスコバ(カナダ)とのペアで臨んだダブルスは1回戦で敗れ、上位進出はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス準々決勝

●3大坂まり(日本)[Q] 2-6 7-6(5) 5-7 ○8アンへリーナ・カリニーナ(ウクライナ)[5]

シングルス2回戦

●12尾﨑里紗(江崎グリコ)0-6 3-6 ○9テイラー・タウンゼント(アメリカ)[3]

○3大坂まり(日本)[Q] 6-1 6-2 ●1マディソン・ブレングル(アメリカ)[1]

シングルス1回戦

○12尾﨑里紗(江崎グリコ)7-5 7-6(5) ●11ジャクリーン・クリスティアン(ルーマニア)

○3大坂まり(日本)[Q] 1-6 7-6(7) 6-1 ●4キャサリン・セボフ(カナダ)

ダブルス1回戦

●7ペトラ・ヤヌスコバ/尾﨑里紗(カナダ/江崎グリコ)4-6 6-3 [7-10] ○8カミラ・ロザテロ/アナ ソフィア・サンチェス(イタリア/メキシコ)

※写真は昨年の東レPPOでの大坂まり(日本)
撮影◎矢野寿明/テニスマガジン


This article is a sponsored article by
''.