スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア・マドリッド・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/5月5~12日/賞金総額668万5828ユーロ/クレーコート)の女子シングルス2回戦で、 世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)がエリース・メルテンス(ベルギー)を6-0 6-3で破り、3回戦に駒を進めた。

 ハレプは5本目のマッチポイントをものにして、マドリッドでの14連勝目を刻み、大会3連覇に続く道に留まった。

「彼女が自信をもって臨んでくることはわかっていたわ」とハレプは言った。

「非常に力強くアグレッシブにスタートを切る必要があり、実際にそうすることができた。数ゲームをプレーしたあと、本当にいい感じを覚えたわ」

 世界16位のメルテンスは、今年ここまでよいプレーを続けていたが、マドリッド開始時からやや苦労しており、31本のアンフォーストエラーと5本のダブルフォールトをおかすことになった。

 メルテンスは、モロッコ・ラバト、スイス・ルガーノ、オーストラリアのタスマニア州ホバートで優勝するなど、マッチ13連勝でこの試合に臨んだ。彼女はまたオーストラリアン・オープンでも準決勝に進み、そこで最終的に優勝したカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に敗れていた。

 ハレプは次に、クリスティーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。プリスコバは、サラ・ソリベス トルモ(スペイン)を7-5 6-2で退けた。

「彼女は、かなり強いサービスを打ってくる」とハレプは言った。

 ハレプは2017年のマドリッドで、プリスコバを破っている。

「自分が昨年どんなふうにプレーしたかを少し見てみて、同じことをやらなければいけないわね。勝てると信じているけど、常に厳しい試合を予想しているわ」

 観客のお気に入りで世界3位のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は劣勢を覆し、ドナ・ベキッチ(クロアチア)を2-6 6-4 6-1で倒した。

 一方、第10シードのペトラ・クビトバ(チェコ)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したモニカ・プイグ(プエルトリコ)を6-3 7-6(8) で下し、7連勝目を刻んだ。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
MADRID, SPAIN - MAY 08: Simona Halep of Romania serves to Elise Mertens of Belgium in the 2nd Round match during day four of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 8, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)

【PR】DAZN 1ヵ月視聴無料|WTAマドリッドライブ配信、見逃し配信ほか

This article is a sponsored article by
''.