セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が、「戦える準備が100%整うまで」より多くの時間が必要だ、と説明しつつ、来週のBNLイタリア国際(WTAプレミア5/5月14〜20日/イタリア・ローマ/賞金総額335万1720ドル/クレーコート)の出場を取り消した。
 大会が水曜日にツイッターを通して発表した。セレナは出産のための14ヵ月の戦線離脱のあと、一時的にツアーに戻ったが、 3月のマイアミ・オープン以降、出場取り消しを続けている。

 23度グランドスラム大会を制した元女王は、今週のマドリッド・オープンへの出場も直前に取り消しており、今、イタリア国際の出場を取りやめたことで、5月27日から始まるフレンチ・オープン出場の可能性にも疑問符がつくことになった。
 
 イタリア国際で4度優勝しているセレナは、マイアミ・オープン1回戦で日本の大坂なおみ(日清食品)に敗れて以来、1試合もプレーしていない。

 イタリア国際のドローでは、キャサリン・ベリス(アメリカ)がセレナが入るはずだった場所を引き継ぐことになった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、4月25日ニューヨークで撮影
TIME WARNER CENTER, NEW YORK, UNITED STATES - 2018/04/25: Serena Williams attends premiere HBO documentary Being Serena at Time Warner Centera. (Photo by Lev Radin/Pacific Press/LightRocket via Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.