スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア・マドリッド・オープン」(ATP1000/5月6~13日/賞金総額719万0930ユーロ/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、第10シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が失望を誘うシーズンに、またも早期敗退を加えた。一方、世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)は、クレー上で無敵に見え続けている。

 ジョコビッチはカイル・エドマンド(イギリス)に3-6 6-2 3-6で敗れた。彼はここ6大会連続で準々決勝に進めていない。

 反対にナダルは、ガエル・モンフィス(フランス)を6-3 6-1で退け、クレーコート上で連取したセット数の記録を「48」に伸ばした。グランドスラム大会優勝歴16回のナダルは、モンテカルロとバルセロナで優勝したばかりのところであり、総じてクレーでの38試合のうち37試合で勝利をおさめたことになる。そして、そのうち20試合は連勝だ。

 ジョコビッチは、しつこい右肘の故障を経て今年復帰を果たしたものの、プレーに復帰するのが早すぎたと漏らしたあと、以前のように勝てずに四苦八苦している。

「明らかに、僕にとってうまく機能していないことがある」とグランドスラム大会で12度優勝した男は言った。

「でも僕は、それを改善させるため努力し続け、僕のテニスがより強くなっていくよう祈る…願うよ」

 ジョコビッチはモンテカルロの3回戦で敗れ、マイアミとインディアンウェルズでは、いずれも2回戦負けを喫していた。現在、世界12位の彼はまた、オーストラリアン・オープンでもベスト16より先に勝ち進むことができなかった。

「この手の試合では、1、2ポイントが勝負を分ける。今日、運はちょっと彼の側にあった。でもまた彼には、重要な瞬間に攻撃する勇気があったね。彼は勝利に値したよ」とジョコビッチは言った。

 第1セットのジョコビッチはお粗末なプレーをしたが、そこから調子を上げ、比較的簡単に第2セットを取った。

 彼は第3セットで先にブレークしてリードするチャンスを手にしたが、そこから5ポイントを連続で落とし、エドマンドに0-40から挽回することを許してしまった。エドマンドはその後ジョコビッチのサービスをブレークして5-3とリードを奪い、自分のサービスをキープして試合に決着をつけた。

「今日はすごくいい感じを覚えていた、すごくよくボールを打ち抜いていると感じていたんだ」とエドマンドは言った。

「全力をつぎ込めば、試合の終盤にチャンスを手にできるだろうとわかっていた。第3セットのプレーがカギだった。ノバクは、リードを奪うとよりアグレッシブになるから、先手をとらせると彼を崩すのは非常に難しくなるんだよ」

 エドマンドは次の3回戦で、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦する。ゴファンはロビン・ハッサ(オランダ)を7-5 6-3で倒した。

 ナダルは、41位のモンフィスに対する勝利で、今季の成績を17勝1敗に向上させた。

「大会を勝利でスタートさせることができてうれしいよ」とナダルは言った。彼がこれ以前にクレーで敗れたのは、昨年のローマでの対ドミニク・ティーム(オーストリア)戦にまで遡る。

「今日の試合はあらゆる面で、非常に堅固なものだった」

 ナダルは、同じサーフェスで49セットを連続で取った、1984年のジョン・マッケンロー(アメリカ)の記録打破まで、あと2セットと迫った。

 世界8位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)は予選を勝ち上がったミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を5-7 7-6(3) 6-2で倒し、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に対する3回戦へと駒を進めた。コールシュライバーは、第11シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-3 4-6 7-5のフルセットの戦いの末に退けた。(C)AP(テニスマガジン)

男子シングルス3回戦の顔合わせ

※[ ] 数字はシード順位

ラファエル・ナダル(スペイン)[1] vs ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[13]

ボルナ・チョリッチ(クロアチア)vs ドミニク・ティーム(オーストリア)[5]

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[4] vs ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)

フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)vs ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[6]

————

ダビド・ゴファン(ベルギー)[8] vs カイル・エドマンド(イギリス)

デニス・シャポバロフ(カナダ)vs ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

ジョン・イズナー(アメリカ)[7] vs パブロ・クエバス(ウルグアイ)

レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)vs アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2]

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
MADRID, SPAIN - MAY 09: Novak Djokovic of Serbia walks off court after losing to Kyle Edmund of Great Britain in their first round match during day five of the Mutua Madrid Open at La Caja Magica on May 9, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.