ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「福岡国際女子テニス」(福岡県福岡市・博多の森テニス競技場/本戦5月8日~13日/賞金総額6万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦3日目は、シングルス2回戦8試合およびダブルス1回戦残り2試合と準々決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのナオミ・ブローディ(イギリス)、第2シードのアリナ・ラディオノワ(オーストラリア)、第5シードのケイティ・ブルター(イギリス)、ケイティ・ダン(イギリス)、イバナ・ヨロビッチ(セルビア)、セニア・リキーナ(ロシア)、小堀桃子(橋本総業ホールディングス)、予選勝者の藤原里華(北日本物産)がベスト8に進出した。

 日本勢は、19歳の小堀が第3シードのチャン・スジョン(韓国)を7-6(4) 6-4で破り、藤原はワイルドカード(主催者推薦枠)の江口実沙(橋本総業ホールディングス)との日本人対決を6-4 6-4で制して8強入りを決めたが、第7シードの波形純理(伊予銀行)はヨロビッチに6-7(2) 4-6で敗れた。

 ダブルスでは、第2シードのブローディ/エイジア・ムハメッド(アメリカ)が前年の準優勝ペアでワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した林恵里奈(福井県スポーツ協会)/梶谷桜舞(島津製作所)を6-1 6-1で、奥野彩加(フリー)/タミ・パターソン(オーストラリア)は第4シードの藤原/リキーナを4-6 7-6(2) [12-10]で下し、それぞれ準決勝に進出した。

 5月11日(金)は10時00分から、シングルス準々決勝4試合およびダブルス準々決勝残り2試合と準決勝1試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

シングルス2回戦

○1ナオミ・ブローディ(イギリス)[1] 6-2 6-2 ●3アビゲイル・テレ アピサー(パプアニューギニア)

○8ケイティ・ブルター(イギリス)[5] 6-3 6-1 ●6タミ・パターソン(オーストラリア)

○11小堀桃子(橋本総業ホールディングス)7-6(4) 6-4 ●9チャン・スジョン(韓国)[3]

○13イバナ・ヨロビッチ(セルビア)7-6(2) 6-4 ●16波形純理(伊予銀行)[7]

------

○18ケイティ・ダン(イギリス)7-5 6-2 ●19アムラ・サディコビッチ(スイス)

○23セニア・リキーナ(ロシア)6-4 6-1 ●21オリビア・タンドラモリア(オーストラリア)[Q]

○27藤原里華(北日本物産)[Q] 6-4 6-4 ●26江口実沙(橋本総業ホールディングス)[WC]

○32アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)[2] 3-6 6-0 6-1 ●29タラ・ムーア(イギリス)[Q]

ダブルス準々決勝

○10奥野彩加/タミ・パターソン(フリー/オーストラリア)4-6 7-6(2) [12-10] ●12藤原里華/セニア・リキーナ(北日本物産/ロシア)[4]

○16ナオミ・ブローディ/エイジア・ムハメッド(イギリス/アメリカ)[2] 6-1 6-1 ●13林恵里奈/梶谷桜舞(福井県スポーツ協会/島津製作所)[WC]

ダブルス1回戦

○1ジャクリーン・カコ/ローラ・ロブソン(アメリカ/イギリス)[1] 6-1 6-1 ●2ユキ クリスティーナ・チャン/華谷和生(アメリカ/三浦工業)[Q]

○4加治遥/清水綾乃(島津製作所/Club MASA)[Q] 6-3 6-4 ●3小堀桃子/桑田寛子(橋本総業ホールディングス/島津製作所)

※写真はシングルス準々決勝に進出した19歳の小堀桃子(橋本総業ホールディングス)
写真提供◎福岡国際女子テニス事務局
撮影◎藤江信雄(九州テニス協会 オフィシャル フォトグラファー)

This article is a sponsored article by
''.