「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/5月13~20日/賞金総額544万4985ユーロ/クレーコート)に、日本の錦織圭(日清食品)が出場する。世界ランク21位(5月7日付)の錦織はノーシードとなり、初戦の対戦相手はフェリシアーノ・ロペス(スペイン)に決まった。

 両者の過去の対戦成績は、3勝3敗。前回の対戦は2015年3月のインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)の3回戦で、そのときはロペスが6-4 7-6(2)で勝っている。

 今大会に4年連続5度目の出場となる錦織は、2016年のベスト4がこれまでの最高成績。昨年は3回戦で、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に6-7(4) 3-6で敗れていた。

 そのほかの日本勢は、杉田祐一(三菱電機)がシングルスに出場しており、初戦の対戦相手はライアン・ハリソン(アメリカ)となっている。

 BNLイタリア国際はATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの第5戦目で、シングルス56ドロー、ダブルス24ドローで争われる。

上位出場選手シード順位(シングルス)

ラファエル・ナダル(スペイン)[1]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2]
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[3]
マリン・チリッチ(クロアチア)[4]
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[5]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[6]
ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[7]
ジョン・イズナー(アメリカ)[8]

※[ ]数字はシード順位

※写真はマドリッドの大会での錦織圭(日清食品)
MADRID, SPAIN - MAY 07: Kei Nishikori of Japan plays a forehand against Novak Djokovic of Serbia in their first round match during day three of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 7, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.