スペイン・マドリッドで開催された「ムトゥア・マドリッド・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/5月5~12日/賞金総額668万5828ユーロ/クレーコート)の女子シングルス決勝で、ペトラ・クビトバ(チェコ)は「もう続けられない」と思ったときに決定的なショットを放ち、ついにキキ・バーテンズ(オランダ)に競り勝って、記録的3度目のタイトルを手に入れた。

 非常な消耗戦となったこの決勝で、第10シードのクビトバはバーテンスに7-6(6) 4-6 6-3で競り勝った。3時間近い戦いのあと、バーテンスのバックハンドがラインを割ったとき、長い戦いについに終止符が打たれた。

「今日は本当に厳しい戦いだったとは言え、私は体の中にあるすべてのものを絞りだ出そうと努めた」とクビトバは言った。彼女は先週のプラハ・オープンでも優勝し、この日、ここ13日間で11試合目をプレーしたところだった。

「第3セットで、本当に、もうこれ以上できないと思った。でも、それからふたたび踏み込んでショットを打ち、ただリターンを返そうと努め、ラリーをし、サーブをし、と必死に続けていったの」とクビトバは言う。

「私たちはふたりとも、一緒にプレーしたこの美しい決勝を、本当に誇りに思うべきだと思うわ」

 クビトバはこれに先立ち、2011年と15年にマドリッドで優勝していた。これは彼女にとって、同大会での3度目の勝利であり、2018年の最初の5ヵ月で獲った4つのタイトルを含め、キャリアで24度目のタイトル獲得となる。

 彼女とバーテンスは、ともに3ブレークずつを果たし、多くのブレークチャンスをセーブし合った。

 カギとなる瞬間は、バーテンスが第3セットでブレークし返すことにより、勢いを自分の方に引き寄せたかに見えたときに起きた。クビトバはすぐさま反撃に出ると、ブレークして優位性を奪い返し、5-3とリードしたのだ。クビトバは次のゲームで自分のサービスゲームをキープし、チャンピオンシップをその手につかんだ。

「第2セットで先にワンブレークしながら自分のサービスゲームを落としてしまったのは、かなりきつかったわ」とクビトバは振り返った。

「彼女のサービスをブレークするのは難しいと分かっていたから、メンタル的にすごく厳しかった。幸運にも、2度目のチャンスがやってきたけれど」

 バーテンスは決勝に進出したことにより、ランキングでキャリア最高の15位に上昇することになる。しかしそれも、タイトルにこうも近くまで迫ったあとには、ほとんど慰めにはならなかった。

「今、この瞬間は、本当に辛い」と傷心のバーテンスは言った。

「たぶん明日になれば、あるいは来週、いえ、数週間たてば、素晴らしい1週間を振り返ることができ、自分が正しい道を進んでいると認識できるのかもしれない」

 会場のカハ・マジカの屋根は、第2セットで雨が降り始めたときに、プレーを中断させることなく閉じられた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はペトラ・クビトバ(チェコ)
MADRID, SPAIN - MAY 12: Petra Kvitova of the Czech Republic kisses her winners trophy after her three set victory against Kiki Bertens of the Netherlands in the womens final during day eight of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 12, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.