「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/5月13~20日/賞金総額544万4985ユーロ/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)はライアン・ハリソン(アメリカ)に6-7(5) 3-6で敗れた。試合時間は1時間58分。

 今大会に初出場となった29歳の杉田は、今季のATPマスターズ1000の大会での初勝利はならず。8強入りした3月のドバイ(ATP500/ハードコート)から勝ち星のない杉田は、8大会連続初戦敗退となった。

 この結果でハリソンは、杉田との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。初対戦だった2011年7月のアトランタ(ATP250/ハードコート)の1回戦はハリソンが6-1 7-6(5)で、2015年7月のニューポート(ATP250/グラスコート)の1回戦では杉田が6-1 5-7 6-3で勝っていた。

 ハリソンは2回戦で、第4シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。上位8シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真は杉田祐一(三菱電機)
ROME, ITALY - MAY 13: Yuichi Sugita of Japan returns a backhand in his match against Ryan Harrison of the USA during day one of the Internazionali BNL d'Italia 2018 tennis at Foro Italico on May 13, 2018 in Rome, Italy. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.