「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/5月14~20日/賞金総額335万1720ドル/クレーコート)に、日本の大坂なおみ(日清食品)が出場する。世界ランク21位(5月7日付)の大坂はノーシードとなり、初戦の対戦相手は元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)に決まった。

 両者は2016年1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦で初対戦しており、アザレンカが6-1 6-1で勝っている。

 昨年の大会で初出場を果たした大坂は、1回戦でラウラ・シグムンド(ドイツ)に2-6 4-6で敗れていた。

 20歳の大坂は、3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝。決勝までの過程で、世界ランク1位経験者のマリア・シャラポワ(ロシア)、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)、シモナ・ハレプ(ルーマニア)を倒し、翌週のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)では1回戦でグランドスラム23勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)から金星を挙げていた。

 そのほかの日本勢は、青山修子(近藤乳業)/加藤未唯(ザイマックス)がダブルスに出場しており、初戦の対戦相手はチャン・ハオチン(台湾)/ヤン・ザオシャン(中国)となっている。

 BNLイタリア国際は、WTAツアーで年間5大会開催されるプレミア5のカテゴリーの第2戦目。プレミア・マンダトリーに次ぐ格付けの大会で、シングルス56ドロー、ダブルス28ドローで争われる。

上位出場選手シード順位(シングルス)

シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1]
カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2]
ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[3]
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)[4]
エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[5]
カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[6]
カロリーヌ・ガルシア(フランス)[7]
ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[8]

※[ ]数字はシード順位

※写真はインディアンウェルズの大会での大坂なおみ(日清食品)
INDIAN WELLS, CA - MARCH 14: Naomi Osaka of Japan serves to Karolina Pliskova of Czech Republic during the BNP Paribas Open at the Indian Wells Tennis Garden on March 14, 2018 in Indian Wells, California. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.