「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/イタリア・ローマ/5月14~20日/賞金総額335万1720ドル/クレーコート)の女子シングルス1回戦で、大坂なおみ(日清食品)が元世界ランク1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を6-0 6-3で破り、初戦突破を果たした。試合時間は1時間13分。

 今大会に2年連続出場となる大坂は、大会初勝利を挙げた。昨年は1回戦で、ラウラ・シグムンド(ドイツ)に2-6 4-6で敗れていた。

 この結果で大坂は、アザレンカとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2016年1月にオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦で初対戦しており、アザレンカが6-1 6-1で勝っていた。

 20歳の大坂は、3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)でツアー初優勝。決勝までの過程で、世界ランク1位経験者のマリア・シャラポワ(ロシア)、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)、シモナ・ハレプ(ルーマニア)を倒し、翌週のマイアミ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)では1回戦でグランドスラム23勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)から金星を挙げていた。

 大坂は2回戦で、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。上位8シードは1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
ROME, ITALY - MAY 14: Naomi Osaka of Japan reacts during the Women's singles first round match against Victoria Azarenka of Belarus on day two of the Internazionali BNL d'Italia 2018 at Foro Italico on May 14, 2018 in Rome, Italy. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.