セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)のコーチは、2週間後にフランス・パリで始まる「フレンチ・オープン」に彼女が出場すると言った。

 2017年1月のオーストラリアン・オープンで23度目のグランドスラム・タイトルを獲得したあと、出産のため14ヵ月ツアーを離れていたセレナが、ふたたびメジャーの舞台に戻ってくる。

 彼女のコーチ、パトリック・ムラトグルーはWTAツアーの公式サイトに「セレナはフレンチ・オープンで勝つ」とコメントを寄せた。

 今年、2月のフェドカップで一時的に公式の場に戻ったセレナだが、3月のインディアンウェルズとマイアミ・オープンでプレーした以外に大会に出場していない。先週のマドリッド・オープンは直前に出場を取りやめ、今週のイタリア国際も出場しなかった。

 ムラトグルーは先月、フランスでセレナとトレーニングを始めようとしたが、「彼女の準備がまだできていないことに気づいた」という。

「マドリッドとローマを100%で戦うには、あと5週間が必要な状況だった。だからキャンセルした。それによって彼女がロラン・ギャロスを戦う準備ができたことに非常に満足しているし、自信がある」

 セレナは、フレンチ・オープンで3度(2002年、2013年、2015年)優勝している。

 だが彼女は、3月のマイアミ・オープン1回戦で日本の大坂なおみ(日清食品)に敗れて以来、プレーしていない。

 ロラン・ギャロスは5月27日にスタートする。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、3月のマイアミで撮影
KEY BISCAYNE, FL - MARCH 21: Serena Williams looks on between games against Naomi Osaka of Japan during Day 3 of the Miami Open at the Crandon Park Tennis Center on March 19, 2018 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.