「BNLイタリア国際」(ATP1000/イタリア・ローマ/5月13~20日/賞金総額544万4985ユーロ/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、第11シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-1 6-3で下したあと、あまり先の方にまで目を向けていなかった。

 右肘の故障のあと、6大会連続で準々決勝に至ることができていないジョコビッチは、たとえ過去に4度ローマで優勝していようが、自分自身に過剰なプレッシャーをかけたくないとしている。

「ローマは、僕が常にいいフィーリングを覚え、多くのサポートを得て、いいプレーをして、多くのいい成績を上げてきた場所だ。今日の試合は僕にとって励ましとなるし、これが僕にとっていい1週間となるかもしれないと信じる理由を与えてくれる」とジョコビッチは言った。

「最後の最後まで勝ち進みたいが、同時に、このところの自分の戦績を鑑みて、期待に関しては少し抑え気味にしなければならない」

 月曜日に発表された新ランキングで、ジョコビッチは18位に落ちた。これは彼がまだ上昇中の新人プロだった2006年以降で、もっとも低いものだ。もし、昨年のローマで決勝に進出したことによって稼いだ600ポイントを守ることができなかった場合には、ランキングでさらに下降する可能性が高い。

 おそらくジョコビッチは、ローマに出場した過去11回のケースで、一度も準々決勝決勝前に敗れたことはない、という事実に励ましを見出すかもしれない。

「これはメンタルゲームだ。自分がこのスポーツで最大の高みに登ったことがあり、何年にも渡って可能な限り最良の成績を残し、安定した強さを見せていたということを自覚している」とジョコビッチは言った。

「それによってハードルは非常に高く上がってしまったんだ。コートに足を踏み入れるたびに、僕は誰に対しても、どのサーフェスでも、毎試合勝つことを期待している」

 ジョコビッチはまた、故障のあとにプレーに戻ることを急ぎ過ぎた、とも話していた。

「今、自分のテニスのレベルがどこにあるのかを理解し、現実を受け入れ、自分が行きたいところに至るためのプロセスがあることを受け入れなければならない」とジョコビッチは言った。

 ジョコビッチはドルゴポロフとの対戦成績を6戦6勝に向上させた。ドルゴポロフの方もまた、しつこい手首の故障に苦しめられてきた。

 この試合でのジョコビッチは、14本のウィナーと14本のアンフォーストエラーを犯した。対するドルゴポロフは10本のウィナーを決め、19本のアンフォーストエラーを犯した。

 また、日本の錦織圭(日清食品)はフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を7-6(5) 6-4で破り、先月決勝に進出したモンテカルロ以来の勝利を収めた。

「簡単な試合ではなかった」と錦織は言った。

「風が強く、彼は多くのスライスと素晴らしいサービスを駆使してきた。第1セットを取れたのは幸運だった。そのあとには、より自信を持つことができたんだ」

 ロペスは、錦織がドロップショットを返す前に2度ボールがバウンドしたと思ったらしいポイントで、主審に食って掛かった。

 現世界24位の錦織は次の2回戦で、第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。

 そのほかの試合では、第9シードのダビド・ゴファン(ベルギー)がレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を 6-1 6-2で簡単に片づけ、第10シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)はジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を6-4 3-6 6-0で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
ROME, ITALY - MAY 14: Novak Djokovic of Serbia in action in his match against Alexandr Dolgopolov of Ukraine during day two of the Internazionali BNL d'Italia 2018 tennis at Foro Italico on May 14, 2018 in Rome, Italy. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.