ITF(国際テニス連盟)の女子1.5万ドル大会「ハンマメット・オープン」(チュニジア・ハンマメット/4月30日~5月6日/クレーコート)のシングルス決勝で、鮎川真奈(エームサービス)はワイルドカード(主催者推薦枠)のピア・チュック(スロベニア)に3-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間41分。

 今大会に日本勢で唯一出場した鮎川は、1回戦で予選勝者のオルガ・エステベ メンデス(スペイン)を1-6 6-2 7-6(3)で、2回戦でワイルドカードのカテリーナ・クシージョヴァー(チェコ)を6-0 6-4で、準々決勝で第2シードのクリスティーナ・アダメスク(ルーマニア)を6-2 6-2で、準決勝では第4シードのビクトリア・ムンテアン(フランス)を4-6 7-6(9) 7-6(4)で破って決勝進出を決めていた。

 鮎川は、アリシア・エレーロ リアナ(スペイン)とのペアで第4シードとしてダブルスにも出場。決勝で第3シードのアダメスク/アイオナ ロレダナ・ロスカ(ルーマニア)に4-6 3-6で敗れ、準優勝に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス決勝

●28鮎川真奈(エームサービス)3-6 5-7 ○14ピア・チュック(スロベニア)[WC]

シングルス準決勝

○28鮎川真奈(エームサービス)4-6 7-6(9) 7-6(4) ●24ビクトリア・ムンテアン(フランス)[4]

シングルス準々決勝

○28鮎川真奈(エームサービス)6-2 6-2 ●32クリスティーナ・アダメスク(ルーマニア)[2]

シングルス2回戦

○28鮎川真奈(エームサービス)6-0 6-4 ●26カテリーナ・クシージョヴァー(チェコ)[WC]

シングルス1回戦

○28鮎川真奈(エームサービス)1-6 6-2 7-6(3) ●27オルガ・エステベ メンデス(スペイン)[Q]

ダブルス決勝

●5鮎川真奈/アリシア・エレーロ リアナ(エームサービス/スペイン)[4] 4-6 3-6 ○12クリスティーナ・アダメスク/アイオナ ロレダナ・ロスカ(ルーマニア)[3]

ダブルス準決勝

○5鮎川真奈/アリシア・エレーロ リアナ(エームサービス/スペイン)[4] 4-6 6-2 [10-6] ●4アミラ・ベネッサ/Yassamine BOUDJADI(アルジェリア)

ダブルス準々決勝

○5鮎川真奈/アリシア・エレーロ リアナ(エームサービス/スペイン)[4] 6-2 6-1 ●8アリーナ・クズネツォワ/アレシャ・ヤクボビッチ(ロシア/ベラルーシ)

ダブルス1回戦

○5鮎川真奈/アリシア・エレーロ リアナ(エームサービス/スペイン)[4] 6-0 6-0 ●6サラ・アタ/Feriel MAHBOULI(チュニジア)

※写真は2016年の全日本選手権での鮎川真奈(エームサービス)
撮影◎菅原淳/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.