イタリア・ローマで開催されている「BNLイタリア国際」(WTAプレミア5/5月14~20日/賞金総額335万1720ドル/クレーコート)の女子シングルス準々決勝で、前年度覇者で第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が第11シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-4 6-4で下し、ベスト4に進出した。これは彼女にとって、ケルバーに対して6試合連続となる勝利だった。

「敢然と立ち向かい、重要な瞬間にすごくアグレッシブにプレーしなければならなかった。それがカギだったわ」とスビトリーナは言った。

「私は今、いいテニスをプレーしている。ここまでプレッシャーにうまく対処できていることをうれしく思っているわ」

 スビトリーナは準決勝で、アネット・コンタベイト(エストニア)と対戦する。コンタベイトは第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を6-3 6-1で退けた。

 マリア・シャラポワ(ロシア)は3時間を超える試合で、昨年のフレンチ・オープン優勝者で第5シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-7(6) 6-4 7-5で倒した。

 シャラポワの準決勝の相手は、第1シードで世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)だ。ハレプは準々決勝で、第7シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)を6-2 6-3で倒して勝ち上がった。

 現在世界ランク2位のウォズニアッキが敗れたことにより、準決勝に勝ち進んだハレプが世界ナンバーワンの座を維持することが決まった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
ROME, ITALY - MAY 18: Simona Halep of Romania celebrates victory after winning her quarter final match against Caroline Garcia of France during day 6 of the Internazionali BNL d'Italia 2018 tennis at Foro Italico on May 18, 2018 in Rome, Italy. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.