•  ITF(国際テニス連盟)女子サーキット「久留米市ユー・エス・イーカップ国際女子テニス」(福岡県久留米市・新宝満川地区テニスコート/本戦5月15~20日/賞金総額6万ドル/砂入り人工芝コート)の本戦5日目は、シングルス準決勝2試合とダブルス準決勝2試合が行われた。

     日本勢で唯一シングルス4強に勝ち残った第7シードの清水綾乃(Club MASA)は、前週の福岡(ITF6万ドル/砂入り人工芝コート)で準優勝だったセニア・リキーナ(ロシア)を7-6(3) 6-0で倒して決勝進出を果たした。試合時間は1時間32分。

     20歳の清水は今季の初タイトルをかけて、予選から勝ち上がってきたアビー・マイヤーズ(オーストラリア)と対戦する。マイヤーズは準決勝で、第1シードのナオミ・ブローディ(イギリス)を7-5 6-3で下しての勝ち上がり。

     ダブルスでは、第1シードのブローディ/エイジア・ムハメッド(アメリカ)が第4シードの小堀桃子(橋本総業ホールディングス)/桑田寛子(島津製作所)を6-3 6-4で、ケイティ・ダン(イギリス)/アビゲイル・テレ アピサー(パプアニューギニア)は前年準優勝ペアの林恵里奈(福井県スポーツ協会)/梶谷桜舞(島津製作所)を6-0 7-5で破り、決勝は海外勢同士の対戦となった。

     大会最終日の5月20日(日)は10時00分から、シングルス決勝とダブルス決勝が行われる予定。

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

    シングルス準決勝

    ○13アビー・マイヤーズ(オーストラリア)[Q] 7-5 6-3 ●1ナオミ・ブローディ(イギリス)[1]

    ○25清水綾乃(Club MASA)[7] 7-6(3) 6-0 ●23セニア・リキーナ(ロシア)

    ダブルス準決勝

    ○1ナオミ・ブローディ/エイジア・ムハメッド(イギリス/アメリカ)[1] 6-3 6-4 ●5小堀桃子/桑田寛子(橋本総業ホールディングス/島津製作所)[4]

    ○13ケイティ・ダン/アビゲイル・テレ アピサー(イギリス/パプアニューギニア)6-0 7-5 ●10林恵里奈/梶谷桜舞(福井県スポーツ協会/島津製作所)

    ※写真はシングルス決勝に進出した第7シードの清水綾乃(Club MASA)
    写真提供◎大会事務局
    撮影◎樋口宗久

    This article is a sponsored article by
    ''.