「第93回 毎日オープンテニス選手権大会」(大阪府大阪市・ITC靱テニスセンター/本戦5月14~19日/賞金総額:男子100万円、女子賞金なし/ハードコート)が開催され、ともに1999年生まれで18歳同士の対戦となった男子シングルス決勝はワイルドカード(主催者推薦枠)のトゥロター・ジェームズ(西宮甲英高等学院)が予選から勝ち上がってきた松田龍樹(PLUS LIST)を6-4 7-5で下して優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は、第2シードの佐野紘一/飯野翔太(ともに伊予銀行)が山中瑠樹亜/平川暉人(ともに関西大学)を6-3 6-2で倒してタイトルを獲得した。

 女子の部も開催され、シングルスが第2シードの伊藤さつき(相生学院高校)、ダブルスは第2シードの佃紫帆(長尾谷高等学校)/西田賀杏央(テニスクラブセブンスリー)が大会を制した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

上位の試合結果

男子シングルス決勝

○28トゥロター・ジェームズ(西宮甲英高等学院)[WC] 6-4 7-5 ●34松田龍樹(PLUS LIST)[Q]

男子シングルス準決勝

○28トゥロター・ジェームズ(西宮甲英高等学院)[WC] 2-6 6-3 6-4 ●1佐野紘一(伊予銀行)[1]

○34松田龍樹(PLUS LIST)[Q] 6-3 6-3 ●49飯野翔太(伊予銀行)[5]

男子シングルス準々決勝

○1佐野紘一(伊予銀行)[1] 6-1 6-3 ●11大植駿(清風高校)

○28トゥロター・ジェームズ(西宮甲英高等学院)[WC] 6-3 6-3 ●23小野和哉(近畿大学)

○34松田龍樹(PLUS LIST)[Q] 6-2 3-6 [10-2] ●46島田達也(関西大学)[WC]

○49飯野翔太(伊予銀行)[5] 6-3 7-5 ●62東竜平(相生学院高校)

男子ダブルス決勝

○32佐野紘一/飯野翔太(伊予銀行)[2] 6-3 6-2 ●6山中瑠樹亜/平川暉人(関西大学)

男子ダブルス準決勝

○6山中瑠樹亜/平川暉人(関西大学)6-2 6-2 ●10小川大虎/清水奎吾(大阪教育大学/亜細亜大学)[WC]

○32佐野紘一/飯野翔太(伊予銀行)[2] 6-1 3-6 [10-6] ●24只木信彰/喜多文明(リコー)[4]

女子シングルス決勝

○64伊藤さつき(相生学院高校)[2] 6-3 6-3 ●17堺愛結(姫路大学)[3]

女子シングルス準決勝

○17堺愛結(姫路大学)[3] 6-1 6-4 ●5佃紫帆(長尾谷高等学校)[WC]

○64伊藤さつき(相生学院高校)[2] 6-4 6-4 ●40佐藤成美(神戸松蔭女子学院大学)[12]

女子ダブルス決勝

○32佃紫帆/西田賀杏央(長尾谷高等学校/テニスクラブセブンスリー)[2] 6-4 7-6(2) ●1小池颯紀/渡邊はるか(園田学園女子大学)[1/WC]

画像: 左から男子ダブルス優勝の飯野翔太、佐野紘一、準優勝の山中瑠樹亜、平川暉人(写真提供◎関西テニス協会)

左から男子ダブルス優勝の飯野翔太、佐野紘一、準優勝の山中瑠樹亜、平川暉人(写真提供◎関西テニス協会)

画像: 女子シングルス優勝の伊藤さつき(相生学院高校/左)と準優勝の堺愛結(姫路大学/右)(写真提供◎関西テニス協会)

女子シングルス優勝の伊藤さつき(相生学院高校/左)と準優勝の堺愛結(姫路大学/右)(写真提供◎関西テニス協会)

画像: 左から女子ダブルス準優勝の渡邊はるか、小池颯紀、優勝の西田賀杏央、佃紫帆(写真提供◎関西テニス協会)

左から女子ダブルス準優勝の渡邊はるか、小池颯紀、優勝の西田賀杏央、佃紫帆(写真提供◎関西テニス協会)

※トップ写真は男子シングルス優勝のトゥロター・ジェームズ(西宮甲英高等学院/右)と準優勝の松田龍樹(PLUS LIST/左)
写真提供◎関西テニス協会

This article is a sponsored article by
''.