ITF(国際テニス連盟)の女子1.5万ドル大会「TENNIS ORGANISATION CUP」(トルコ・アンタルヤ/5月14~20日/クレーコート)のダブルス決勝で、第3シードの荒川晴菜(フリー)/マグダレナ・パンチュコバ(チェコ)が第4シードのスーザン・ラメンズ(オランダ)/アリーナ ガブリエラ・バシレスク(ルーマニア)を7-5 7-6(3)で破り、優勝を果たした。

 パンチュコバと荒川は今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。18歳の荒川は、アンタルヤでの5週間でダブルス4勝目を挙げた。

 今大会での荒川/パンチュコバは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のバルセン・カヤ(トルコ)/ジェニファー・ラッカム(インド)を6-1 6-2で、準々決勝でニーマ・ズォマ/ヨウ・ミゾウマ(ともに中国)を6-2 6-3で、準決勝ではアルバ・カリージョ マリン(スペイン)/クラウディア・シアンチ(ポルトガル)を3-6 6-1 [10-0]で下して決勝進出を決めていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

ダブルス決勝

○5荒川晴菜/マグダレナ・パンチュコバ(フリー/チェコ)[3] 7-5 7-6(3) ●12スーザン・ラメンズ/アリーナ ガブリエラ・バシレスク(オランダ/ルーマニア)[4]

ダブルス準決勝

○5荒川晴菜/マグダレナ・パンチュコバ(フリー/チェコ)[3] 3-6 6-1 [10-0] ●3アルバ・カリージョ マリン/クラウディア・シアンチ(スペイン/ポルトガル)

ダブルス準々決勝

○5荒川晴菜/マグダレナ・パンチュコバ(フリー/チェコ)[3] 6-2 6-3 ●8ニーマ・ズォマ/ヨウ・ミゾウマ(中国)

ダブルス1回戦

○5荒川晴菜/マグダレナ・パンチュコバ(フリー/チェコ)[3] 6-1 6-2 ●6バルセン・カヤ/ジェニファー・ラッカム(トルコ/インド)[WC]

●15永田杏里/アナ マリア・スポヤリッチ(南山高等学校女子部/クロアチア)6-7(1) 0-6 ○16Lara ESCAURIZA/カミラ・ギアングレコ カンピス(パラグアイ)[2]

※写真は昨年の岐阜の大会での荒川晴菜(フリー)
撮影◎テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.