「グリーンカップ 埼玉オープン 第57回 春季クラシック」(埼玉県川口市・グリーンテニスプラザ/本戦5月16~20日/賞金総額:男女各100万円/ハードコート)が開催され、女子シングルス決勝は第1シードの清水千夏(福島工業)が第3シードの守屋友里加(テニスユニバース)を6-1 7-5で下して優勝を飾った。

 シード勢が4強を独占した女子ダブルス決勝はトップ2シードの対戦となり、第1シードの寺見かりん(テニスユニバース)/山本みどり(アムテック)が第2シードの守屋/長谷川茉美(伊予銀行)を6-3 6-2で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

上位の試合結果

女子シングルス決勝

○1清水千夏(福島工業)[1] 6-1 7-5 ●24守屋友里加(テニスユニバース)[3]

女子シングルス準決勝

○1清水千夏(福島工業)[1] 6-3 3-6 6-3 ●10フリアント・エイミ(J・STAP)

○24守屋友里加(テニスユニバース)[3] 6-3 7-5 ●32長谷川茉美(伊予銀行)[2]

女子シングルス準々決勝

○1清水千夏(福島工業)[1] 5-7 6-3 6-3 ●6中島美夢(相生学院高等学校)[Q]

○10フリアント・エイミ(J・STAP)6-4 3-6 6-4 ●14藤岡希(福島けんしん)

○24守屋友里加(テニスユニバース)[3] 6-2 6-3 ●19細木咲良(原商)[WC]

○32長谷川茉美(伊予銀行)[2] 7-6(6) 6-3 ●25古屋美智留(フリー)[5]

女子ダブルス決勝

○1寺見かりん/山本みどり(テニスユニバース/アムテック)[1] 6-3 6-2 ●16守屋友里加/長谷川茉美(テニスユニバース/伊予銀行)[2]

女子ダブルス準決勝

○1寺見かりん/山本みどり(テニスユニバース/アムテック)[1] 6-1 6-1 ●5古屋美智留/森本凪咲(フリー/PLUS LIST)[3]

○16守屋友里加/長谷川茉美(テニスユニバース/伊予銀行)[2] 7-6(1) 6-2 ●12尾関彩花/長船香菜子(テニスユニバース)[4]

画像: 左から女子ダブルス優勝の寺見かりん、山本みどり、準優勝の長谷川茉美、守屋友里加(写真提供◎グリーンテニスプラザ)

左から女子ダブルス優勝の寺見かりん、山本みどり、準優勝の長谷川茉美、守屋友里加(写真提供◎グリーンテニスプラザ)

※トップ写真は女子シングルス優勝の清水千夏(福島工業/左)と準優勝の守屋友里加(テニスユニバース/右)
写真提供◎グリーンテニスプラザ

This article is a sponsored article by
''.