「DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会 兼 ワールドジュニアテニス世界大会 代表選考会」(千葉県柏市・吉田記念テニス研修センター/5月17~20日/ハードコート)は大会最終日を迎え、14歳以下と12歳以下の男女シングルス決勝などが行われた。

 14歳以下の男子シングルス決勝は第1シードのジョーンズ怜音(東海/暁中学校)が第2シードの森田皐介(関東/一筆TC)を1-6 7-6(5) 6-3で、女子シングルス決勝は第6シードの虫賀心央(東海/TENNISPRO.CO.JP)がノーシードから勝ち上がってきた石井さやか(関東/Team REC)を6-1 6-4で破り、それぞれ優勝を飾った。

 今大会の14歳以下の部は、ワールドジュニアテニス世界大会の代表選手の選考会を兼ねている。

 12歳以下の男子シングルス決勝は第5シードの本田尚也(関東/サトウGTC)が第8シードの前田透空(関東/吉田記念テニス研修センター)を6-2 6-3で、女子シングルス決勝は第1シードの齋藤咲良(関東/ミナミグリーンTC)が第4シードの中里亜優菜(関東/荏原SSC)を7-5 6-1で下してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

14歳以下の試合結果

男子シングルス決勝

○1ジョーンズ怜音(東海/暁中学校)[1/WC] 1-6 7-6(5) 6-3 ●32森田皐介(関東/一筆TC)[2]

男子シングルス3位決定戦

○水口翔瑛(関西/テニスプラザ尼崎)[3] 7-5 6-2 ●山田矢音(関東/桜田倶楽部)[4]

女子シングルス決勝

○17虫賀心央(東海/TENNISPRO.CO.JP)[6] 6-1 6-4 ●6石井さやか(関東/Team REC)

女子シングルス3位決定戦

○小副川莉桜(関東/オールサムズTC)不戦勝 ●古賀彩花(関東/吉田記念テニス研修センター)[2/WC]

12歳以下の試合結果

男子シングルス決勝

○8本田尚也(関東/サトウGTC)[5] 6-2 6-3 ●17前田透空(関東/吉田記念テニス研修センター)[8]

男子シングルス3位決定戦

○富田悠太(東海/チェリーTC)[3] 6-0 6-4 ●浅田紘輔(九州/ライジングサンHJC)[6]

女子シングルス決勝

○1齋藤咲良(関東/ミナミグリーンTC)[1] 7-5 6-1 ●24中里亜優菜(関東/荏原SSC)[4]

女子シングルス3位決定戦

○小池愛菜(関東/TPP)6-1 6-1 ●河野望奈(中国/チェリーTC)

※写真は左から14歳以下優勝のジョーンズ怜音(東海/暁中学校)、虫賀心央(東海/TENNISPRO.CO.JP)、12歳以下優勝の本田尚也(関東/サトウGTC)、齋藤咲良(関東/ミナミグリーンTC)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.