「リヨン・オープン」(フランス・リヨン/5月20~26日/賞金総額56万1345ユーロ/クレーコート)のダブルス1回戦で、第4シードのマルチン・マトコウスキ(ポーランド)/マクラクラン勉(日本)はギジェルモ・デュラン/アンドレス・モルテーニ(ともにアルゼンチン)に6-2 5-7 [2-10]で敗れた。試合時間は1時間22分。

 マクラクランとマトコウスキは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。内山靖崇(北日本物産)とのコンビで臨んだ昨年10月の東京(ATP500/ハードコート)で優勝を果たした25歳のマクラクランは、今回が15度目のATPツアー参戦だった。

 デュラン/モルテーニは準々決勝で、ニック・キリオス(オーストラリア)/ジャック・ソック(アメリカ)とフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)/ジョアン・ソウザ(ポルトガル)の勝者と対戦する。

 リヨン・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位(シングルス)

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
ジョン・イズナー(アメリカ)[2]
ジャック・ソック(アメリカ)[3]
チョン・ヒョン(韓国)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真はオーストラリアン・オープンでのマクラクラン勉(日本)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.