「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、杉田祐一(三菱電機)がホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)と対戦。第1セットを4-6で落とし、第2セットのタイブレークで杉田が2-0とした時点で降雨により中断し、翌日に順延となった。ここまでの試合時間は1時間45分。

 全仏に2年連続6度目の出場となる杉田は、昨年の大会で初めて本戦入りを果たし、日没順延を挟んで2日間にわたった1回戦でスティーブ・ジョンソン(アメリカ)に3-6 3-6 7-6(4) 7-6(3) 3-6で敗れていた。

 両者は3月にインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、そのときはゼバロスが6-7(5) 6-4 7-6(4)で勝っている。

 今回が8度目のグランドスラム本戦となる29歳の杉田は、昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)から3大会連続で2回戦に進出しており、全仏だけが未勝利となっている。

 この試合に勝った選手は2回戦で、第9シードのジョン・イズナー(アメリカ)とワイルドカード(主催者推薦枠)のノア・ルビン(アメリカ)の勝者と対戦する。この試合は、イズナーから6-3 7-6(7)の時点で順延となっている。

※写真は杉田祐一(三菱電機)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.