「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)のジュニア女子シングルス2回戦で、第10シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)がケイティ・ボリネッツ(アメリカ)を6-3 4-6 6-3で破り、ベスト16進出を決めた。試合時間は2時間13分。

 グランドスラム・ジュニアに9大会連続出場となる内藤は、2016年全米と昨年の全豪に続く16強入り。過去2度の全仏では、いずれも初戦で敗れていた。

 内藤は初の準々決勝進出をかけて、第5シードのクララ・タウソン(デンマーク)と対戦する。

 また、佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)と内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)はシングルス初戦に臨み、第7シードの佐藤がビクトリヤ・デマ(ウクライナ)に4-6 4-6で敗れたが、内島はワイルドカード(主催者推薦枠)のリュドミラ・ベンシェイク(フランス)を5-7 7-6(7) 6-1で下して2回戦に駒を進めた。

 ダブルスでは、第3シードの内藤/佐藤南がナターシャ・サバッシュ(アメリカ)/ボリネッツを6-2 6-2で下して初戦を突破したが、ガブリエラ・プライス(アメリカ)/内島はビクトリヤ・カナパツカヤ(ベラルーシ)/Oksana SELEKHMETEVA(ロシア)に6-7(1) 1-6で敗れた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

ジュニア女子シングルス2回戦|日本人選手

○25内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[10] 6-3 4-6 6-3 ●27ケイティ・ボリネッツ(アメリカ)

ジュニア女子シングルス1回戦|日本人選手

●33佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[7] 4-6 4-6 ○34ビクトリヤ・デマ(ウクライナ)

○62内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)5-7 7-6(7) 6-1 ●61リュドミラ・ベンシェイク(フランス)[WC]

ジュニア女子ダブルス1回戦|日本人選手

○9内藤祐希/佐藤南帆(TEAM YONEZAWA/有明ジュニアテニスアカデミー)[3] 6-2 6-2 ●10ナターシャ・サバッシュ/ケイティ・ボリネッツ(アメリカ)

●21ガブリエラ・プライス/内島萌夏(アメリカ/昭和の森ジュニアテニススクール)6-7(1) 1-6 ○22ビクトリヤ・カナパツカヤ/Oksana SELEKHMETEVA(ベラルーシ/ロシア)

ジュニア女子シングルス3回戦 組み合わせ|日本人選手

25内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[10] vs 32クララ・タウソン(デンマーク)[5]

ジュニア女子シングルス2回戦 組み合わせ|日本人選手

62内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)vs 64ワン・シンユー(中国)[2]

ジュニア女子ダブルス1回戦 組み合わせ|日本人選手

31アンドレア・プリサカリウ/佐藤久真莉(ルーマニア/CSJ)vs 32マリア カメリア・オソリオ セラーノ/ワン・シユ(コロンビア/中国)[2]

画像: ジュニア女子シングルス1回戦で敗れた第7シードの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)

ジュニア女子シングルス1回戦で敗れた第7シードの佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)

画像: ジュニア女子シングルス2回戦に進出した内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)

ジュニア女子シングルス2回戦に進出した内島萌夏(昭和の森ジュニアテニススクール)

※トップ写真はシングルス1回戦での内藤祐希(TEAM YONEZAWA)
撮影◎毛受亮介/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.