フランス・パリで開催されている「フレンチ・オープン」(5月27日~6月10日/クレーコート)の大会10日目、男子シングルス。

 ふたりのライジング・スターが準決勝行きの切符をめぐって対決する。第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が準々決勝で顔を合わせるのだ。

 21歳のズベレフは今季34勝を挙げ、勝利数でツアーのトップに立っている。一方、24歳のティームは33勝でそれに続き、その勝利の中には、ラファエル・ナダル(スペイン)が2018年初のクレーコートでの敗戦を手渡したマドリッドでの1勝も含まれている。

 これはズベレフにとって、初のグランドスラム大会の準々決勝であり、彼は3試合連続で5セットマッチを潜り抜けて、そこに至った。

 ティームは、ロラン・ギャロスで3度目の準決勝進出を目指している。

 そのほか同日に行われる男子シングルス準々決勝は、グランドスラム優勝歴12回で第20シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)対、どこからともなく現れたマルコ・チェッキナート(イタリア)の一戦だ。2016年の八百長嫌疑を晴らしたこのイタリア人は、世界ランク72位と、ここ10年でもっともランキングの低い準々決勝進出者となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は準決勝進出をかけて戦うアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/右)とドミニク・ティーム(オーストリア/左)(Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.