「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)のミックスダブルス決勝で、第2シードのチャン・ラティーシャ(台湾)/イバン・ドディグ(クロアチア)が第1シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/マテ・パビッチ(クロアチア)を6-1 6-7(5) [10-8]で破り、優勝を果たした。試合時間は1時間31分。

 チャンがマルチナ・ヒンギス(スイス)とのペアで昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)、ドディグはマルセロ・メロ(ブラジル)とのペアで2015年の全仏でグランドスラムのタイトルを獲得しているが、ミックスダブルスは今回が初となる。

 今大会でのチャン/ドディグは、1回戦で二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/マクラクラン勉(日本)を7-5 6-3で、2回戦でバニア・キング(アメリカ)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)を6-3 3-6 [10-7]で、準々決勝でニコール・メリカ(アメリカ)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)を2-6 6-4 [10-7]で、準決勝では第8シードのアンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)/ロベルト・ファラ(コロンビア)を4-6 7-5 [10-8]で下して決勝進出を決めていた。

 ダブロウスキー/パビッチは、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続く決勝進出だったが、グランドスラム2連勝はならなかった。

※写真はミックスダブルスで初優勝を果たしたチャン・ラティーシャ(台湾/右)とイバン・ドディグ(クロアチア/左)
PARIS, FRANCE - JUNE 07: Latisha Chan of Chinese Taipei and partner Ivan Dodig of Croatia pose with the trophy as they celebrate victory following the mixed doubles Final against Gabriela Dabrowski of Canada and Mate Pavic of Croatia during day twelve of the 2018 French Open at Roland Garros on June 7, 2018 in Paris, France. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.