「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)の女子シングルス決勝で、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が昨年のUSオープン優勝者で第10シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を3-6 6-4 6-1で倒し、グランドスラム初優勝を果たした。試合時間は2時間3分。

 全仏に9年連続出場となったハレプは、過去2度(2014年、17年)の準優勝がこれまでの最高成績。昨年は2度目の決勝進出を果たしたが、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)に6-4 4-6 3-6で敗れていた。1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)では決勝でカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に敗れており、今回が4度目のグランドスラム決勝の舞台だった。

 この結果でハレプは、スティーブンスとの対戦成績を6勝2敗とした。昨年は8月にハードコートで2度対戦しており、ワシントンDC(WTAインターナショナル)の1回戦は7-6(3) 6-0で、シンシナティ(WTAプレミア5)の準決勝では6-2 6-1で、いずれもハレプが勝っていた。

 今大会でのハレプは、1回戦でアリソン・リスク(アメリカ)を2-6 6-1 6-1で、2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のテイラー・タウンゼント(アメリカ)を6-3 6-1で、3回戦でアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を7-5 6-0で、4回戦で第16シードのエリース・メルテンス(ベルギー)を6-2 6-1で、準々決勝で第12シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-7(2) 6-3 6-2で、準決勝では2016年覇者で第3シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-1 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 昨年9月にUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でグランドスラム制覇を果たした25歳のスティーブンスは、昨年は足の手術からの回復途上で欠場していた。今シーズンは3月にマイアミで、初のWTAプレミア・マンダトリーのタイトルを獲得。ツアー決勝ではここまで6戦全勝だったが、7度目で初黒星を喫した。

※写真はシモナ・ハレプ(ルーマニア)
PARIS, FRANCE - JUNE 09: Simona Halep of Romania celebrates victory following the ladies singles final against Sloane Stephens of The United States during day fourteen of the 2018 French Open at Roland Garros on June 9, 2018 in Paris, France. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.