「平成30年度 2018 第36回 全国小学生テニス選手権 中国予選大会」(鳥取県鳥取市・コカコーラウエストスポーツパークテニスコート/6月9~10日/砂入り人工芝コート)は最終日を迎え、男女シングルス準決勝と決勝が行われた。

 トップ2シードの対戦となった男子シングルス決勝は第2シードの藤本理功(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)が第1シードの渡邊脩真(岡山:ラスタットTC/平井小学校)を6-1 6-2で、女子シングルス決勝は第1シードの河野望奈(岡山:チェリーTC/茶屋町小学校)が第3シードの網田永遠希(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)を6-1 6-4で下し、それぞれ優勝を飾った。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○32藤本理功(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)[2] 6-1 6-2 ●1渡邊脩真(岡山:ラスタットTC/平井小学校)[1]

男子シングルス準決勝

○1渡邊脩真(岡山:ラスタットTC/平井小学校)[1] 6-2 6-1 ●9高橋廉汰朗 (岡山:たけなみテニスアカデミー/乙島小学校)[3]

○32藤本理功(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)[2] 6-1 6-1 ●24塚本真崇(岡山:ラスタットTC/清心小学校)[4]

女子シングルス決勝

○1河野望奈(岡山:チェリーTC/茶屋町小学校)[1] 6-1 6-4 ●24網田永遠希(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)[3]

女子シングルス準決勝

○1河野望奈(岡山:チェリーTC/茶屋町小学校)[1] 6-3 6-3 ●9上野梨咲(広島:やすいそ庭球部/井口台小学校)[4]

○24網田永遠希(岡山:ラスタットTC/岡大附属小学校)[3] 6-3 6-4 ●32井上季子(広島:やすいそ庭球部/四季が丘小学校)[2]

画像: 左から女子優勝の河野望奈(岡山/茶屋町小学校)、準優勝の網田永遠希(岡山/岡大附属小学校)、3位の上野梨咲(広島/井口台小学校)、4位の井上季子(広島/四季が丘小学校)(写真提供◎鳥取県テニス協会)

左から女子優勝の河野望奈(岡山/茶屋町小学校)、準優勝の網田永遠希(岡山/岡大附属小学校)、3位の上野梨咲(広島/井口台小学校)、4位の井上季子(広島/四季が丘小学校)(写真提供◎鳥取県テニス協会)

※トップ写真は左から男子4位の塚本真崇(岡山/清心小学校)、3位の高橋廉汰朗 (岡山/乙島小学校)、準優勝の渡邊脩真(岡山/平井小学校)、優勝の藤本理功(岡山岡大附属小学校)
写真提供◎鳥取県テニス協会


This article is a sponsored article by
''.