ATPツアー下部大会の「ポズナン・オープン」(ポーランド・ポズナン/6月4~10日/賞金総額6.4万ユーロ/クレーコート)のシングルス決勝で、第1シードのダニエル太郎(エイブル)はノーシードから勝ち上がってきたフーベルト・ホルカシュ(ポーランド)に1-6 1-6で敗れた。試合時間は59分。

 ダニエルがチャレンジャー大会で決勝に進出したのは、昨年11月のキャンベラ(7.5万ドル/ハードコート)以来で通算14回目となり、決勝での戦績は5勝9敗となった。

 今大会に日本勢で唯一出場したダニエルは、1回戦で2016年ジュニア世界1位のミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を7-5 6-3で、2回戦で予選勝者のマティアス・ブールグ(フランス)を6-4 6-2で、準々決勝でファクンド・バグニス(アルゼンチン)を6-4 7-5で、準決勝では第6シードのカンタン・アリス(フランス)を7-6(6) 6-3で破って決勝進出を決めていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス決勝

●1ダニエル太郎(エイブル)[1] 1-6 1-6 ○31フーベルト・ホルカシュ(ポーランド)

シングルス準決勝

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 7-6(6) 6-3 ●16カンタン・アリス(フランス)[6]

シングルス準々決勝

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 6-4 7-5 ●5ファクンド・バグニス(アルゼンチン)

シングルス2回戦

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 6-4 6-2 ●4マティアス・ブールグ(フランス)[Q]

シングルス1回戦

○1ダニエル太郎(エイブル)[1] 7-5 6-3 ●2ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)

ダブルス1回戦

●4ダニエル太郎/ベルナベ・サパタ ミラージェス(エイブル/スペイン)6-7(5) 1-6 ○3マテウス・コワルチック/シモン・バウクフ(ポーランド)[WC]

※写真はオーストラリアン・オープンでのダニエル太郎(エイブル)
撮影◎小山真司/テニスマガジン


This article is a sponsored article by
''.