「フレンチ・オープン」(フランス・パリ/本戦5月27日~6月10日/クレーコート)の男子シングルス決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を6-4 6-3 6-2で下し、大会連覇を果たした。試合時間は2時間42分。

 全仏に14年連続出場となったナダルは、昨年の決勝でスタン・ワウリンカ(スイス)を倒して自身の持つ最多記録を更新する10度目の優勝。クレーコートの前哨戦では、モンテカルロ(ATP1000)、バルセロナ(ATP500)、ローマ(ATP1000)の3大会を制し、今大会を迎えていた。

 この結果でナダルは、ティームとの対戦成績を7勝3敗とした。今シーズンはクレーコートで2度対戦し、4月のモンテカルロ(ATP1000)の準々決勝はナダルが6-0 6-2で、5月のマドリッド(ATP1000)の準々決勝ではティームが7-5 6-3で勝っていた。

 ナダルは全仏決勝で11戦負けなしで、大会通算成績を86勝2敗とした。クレーコートの5セットマッチでは、111勝目(2敗)を挙げた。ナダルのグランドスラムでのタイトル獲得は、昨年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)以来で通算17勝目となる。

 今大会でのナダルは、1回戦でラッキールーザーのシモーネ・ボレッリ(イタリア)を6-4 6-3 7-6(9)で、2回戦でギド・ペラ(アルゼンチン)を6-2 6-1 6-1で、3回戦で第27シードのリシャール・ガスケ(フランス)を6-3 6-2 6-2で、4回戦でマクミリアン・マルテレル(ドイツ)を6-3 6-2 7-6(4)で、準々決勝で第11シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を4-6 6-3 6-2 6-2で、準決勝では第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を6-4 6-1 6-2で破って決勝進出を決めていた。

 2016年から2年連続ベスト4だったティームは、今大会で初めて準決勝の壁を突破。初のグランドスラム決勝の舞台だった。

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
PARIS, FRANCE - JUNE 10: Rafael Nadal of Spain celebrates victory following the mens singles final against Dominic Thiem of Austria during day fifteen of the 2018 French Open at Roland Garros on June 10, 2018 in Paris, France. (Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.