「平成30年度 関東高等学校テニス大会 兼 第71回 関東高等学校テニス選手権大会」(山梨県甲府市・小瀬スポーツ公園テニス場/6月9~11日/砂入り人工芝コート)が開催され、団体戦は男子が湘南工科(神奈川)、女子は白鵬女子(神奈川)が優勝を果たした。

 個人戦も行われ、シングルスが白石光(千葉/秀明八千代3年)と西郷里奈(千葉/秀明八千代3年)、ダブルスは白石/坂川広樹(千葉/秀明八千代3年)と石川琴実/野口綾那(神奈川:白鵬女子3年/3年)が制した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、丸数字は学年

試合結果

男子団体|決勝

○13湘南工科(神奈川)[3] 2-1 ●12法政二(神奈川)[4]

D ○望月滉太郎②/青木響真② 6-3 ●青木一真③/守屋達貴③
S1 ●松田康希③ 6-7(1) ○德航太③
S2 ○田中瑛大② 6-4 ●米田圭佑③

男子団体|準決勝

○12法政二(神奈川)[4] 2-0 ●6駿台甲府(山梨)

D ○青木一真③/守屋達貴③ 6-1 ●齋藤聖③/小沢涼太③
S1 ○德航太③ 6-2 ●保坂駿太③
S2 米田圭佑③ 4-4 打切 山本敦貴②

○13湘南工科(神奈川)[3] 2-1 ●24早稲田実業(東京)[2]

D ○望月滉太郎②/青木響真② 6-2 ●増田健吾③/小坂祐生②
S1 ○松田康希③ 7-6(4) ●丹下将太③
S2 ●田中瑛大② 1-6 ○渡部将伍③

男子団体|準々決勝

○6駿台甲府(山梨)2-0 ●3慶應義塾(神奈川)

D ○齋藤聖③/小沢涼太③ 6-4 ●赤西大樹②/下村亮太朗①
S1 保坂駿太③ 5-5 打切 菅谷拓郎③
S2 ○山本敦貴② 6-0 ●山口陸人①

○12法政二(神奈川)[4] 2-1 ●7東京学館浦安(千葉)

D ○青木一真③/守屋達貴③ 6-0 ●村松陸②/渡辺莞①
S1 ○德航太③ 6-3 ●岡竜太③
S2 ●米田圭佑③ 1-6 ○矢島淳揮③

○13湘南工科(神奈川)[3] 2-0 ●18日出(東京)

D ○望月滉太郎②/青木響真② 6-0 ●冨田拓海②/伊藤晴哉③
S1 ○松田康希③ 6-0 ●清水健二朗③
S2 田中瑛大② 4-1 打切 鉢呂海斗①

○24早稲田実業(東京)[2] 2-1 ●21足利大附(栃木)

D ○増田健吾③/小坂祐生② 7-5 ●田端優人③/出井統③
S1 ●丹下将太③ 5-7 ○飯田翔①
S2 ○渡部将伍③ 6-2 ●横田大夢②

男子団体|2回戦

○3慶應義塾(神奈川)2-1 ●1秀明八千代(千葉)[1]

○6駿台甲府(山梨)2-1 ●4東海大菅生(東京)

○7東京学館浦安(千葉)3-0 ●9霞ヶ浦(茨城)

○12法政二(神奈川)[4] 3-0 ●11川越東(埼玉)

------

○13湘南工科(神奈川)[3] 3-0 ●15埼玉平成(埼玉)

○18日出(東京)2-1 ●16太田(群馬)

○21足利大附(栃木)2-1 ●19秀明英光(埼玉)

○24早稲田実業(東京)[2] 3-0 ●23東洋大牛久(茨城)

男子団体|1回戦

○3慶應義塾(神奈川)3-0 ●2高崎東(群馬)

○4東海大菅生(東京)3-0 ●5文星芸大附(栃木)

○9霞ヶ浦(茨城)2-1 ●8大成(東京)

○11川越東(埼玉)3-0 ●10甲府工(山梨)

------

○15埼玉平成(埼玉)3-0 ●14日大明誠(山梨)

○16太田(群馬)2-1 ●17幕張総合(千葉)

○21足利大附(栃木)2-1 ●20慶應湘南藤沢(神奈川)

○23東洋大牛久(茨城)2-1 ●22東京学館船橋(千葉)

女子団体|決勝

○12白鵬女子(神奈川)[4] 2-1 ●24秀明八千代(千葉)[2]

D ○山田梨香子②/江尻美輝③ 6-3 ●黒川さくら③/進藤万里依②
S1 ●野口綾那③ 3-6 ○西郷里奈③
S2 ○石川琴実③ 7-5 ●山崎郁美②

女子団体|準決勝

○12白鵬女子(神奈川)[4] 2-0 ●1早稲田実業(東京)[1]

D ○山田梨香子②/江尻美輝③ 6-1 ●松田望愛③/河野瑞生①
S1 野口綾那③ 5-4 打切 齊藤唯②
S2 ○石川琴実③ 6-1 ●神鳥舞②

○24秀明八千代(千葉)[2] 2-1 ●13湘南工科(神奈川)[3]

D ●黒川さくら③/進藤万里依② 1-6 ○染谷優衣③/吉川ひかる②
S1 ○西郷里奈③ 6-0 ●小林ほの香③
S2 ○山崎郁美② 6-4 ●藤原由菜③

女子団体|準々決勝

○1早稲田実業(東京)[1] 2-0 ●4浦和麗明(埼玉)

D ○松田望愛③/河野瑞生① 6-3 ●北村千咲②/池羽沙藍①
S1 ○齊藤唯② 6-1 ●伊藤汐里①
S2 神鳥舞② 5-4 打切 山田悠理③

○12白鵬女子(神奈川)[4] 2-0 ●9山梨学院(山梨)

D 野口綾那③/江尻美輝③ 4-5 打切 清水瑶③/狐塚理子③
S1 ○石川琴実③ 6-0 ●肥田唯花②
S2 ○山田梨香子② 6-4 ●中込笑愛①

○13湘南工科(神奈川)[3] 2-1 ●18共愛学園(群馬)

D ○吉川ひかる②/藤原由菜③ 6-1 ●茂木里奈③/小野寺杏奈③
S1 ○小林ほの香③ 6-3 ●齊藤ななみ③
S2 ●大河原彩楽沙① 4-6 ○豊田成華③

○24秀明八千代(千葉)[2] 2-1 ●19大成(東京)

D ●黒川さくら③/進藤万里依② 3-6 ○高橋礼奈①/金津春杏①
S1 ○西郷里奈③ 6-0 ●鈴木優③
S2 ○山崎郁美② 6-4 ●高橋悠③

女子団体|2回戦

○1早稲田実業(東京)[1] 2-1 ●2八千代(千葉)

○4浦和麗明(埼玉)2-1 ●6法政二(神奈川)

○9山梨学院(山梨)2-1 ●7東京学館浦安(千葉)

○12白鵬女子(神奈川)[4] 3-0 ●11浦和学院(埼玉)

------

○13湘南工科(神奈川)[3] 2-1 ●15山村学園(埼玉)

○18共愛学園(群馬)3-0 ●16作新学院(栃木)

○19大成(東京)2-1 ●21東洋大牛久(茨城)

○24秀明八千代(千葉)[2] 3-0 ●23東海大相模(神奈川)

女子団体|1回戦

○2八千代(千葉)2-1 ●3前橋育英(群馬)

○4浦和麗明(埼玉)3-0 ●5取手聖徳女子(茨城)

○9山梨学院(山梨)3-0 ●8佐野(栃木)

○11浦和学院(埼玉)2-1 ●10富士見丘(東京)

------

○15山村学園(埼玉)3-0 ●14東京(東京)

○16作新学院(栃木)3-0 ●17甲府東(山梨)

○21東洋大牛久(茨城)3-0 ●20甲府城西(山梨)

○23東海大相模(神奈川)2-1 ●22成蹊(東京)

男子個人戦シングルス|決勝

○1白石光③(千葉/秀明八千代)[1] 6-1 ●25德航太③(神奈川/法政二)[7]

男子個人戦シングルス|準決勝

○1白石光③(千葉/秀明八千代)[1] 6-2 ●16保坂駿太③(山梨/駿台甲府)[4]

○25德航太③(神奈川/法政二)[7] 6-3 ●24渡部将伍③(東京/早稲田実業)[6]

男子個人戦シングルス|準々決勝

○1白石光③(千葉/秀明八千代)[1] 7-5 ●7望月滉太郎②(神奈川/湘南工科)

○16保坂駿太③(山梨/駿台甲府)[4] 6-2 ●12清水盾伎③(東京/東海大菅生)

○24渡部将伍③(東京/早稲田実業)[6] 6-3 ●17坂川広樹③(千葉/秀明八千代)[3]

○25德航太③(神奈川/法政二)[7] 6-2 ●32丹下将太③(東京/早稲田実業)[2]

男子個人戦ダブルス|決勝

○8白石光③/坂川広樹③(千葉/秀明八千代)[4] 6-3 ●9丹下将太③/増田健吾③(東京/早稲田実業)[3]

男子個人戦ダブルス|準決勝

○8白石光③/坂川広樹③(千葉/秀明八千代)[4] 6-2 ●4松田康希③/田中瑛大②(神奈川/湘南工科)

○9丹下将太③/増田健吾③(東京/早稲田実業)[3] 6-3 ●15山口凌③/貫井健司③(東京/東海大菅生)

女子個人戦シングルス|決勝

○1西郷里奈③(千葉/秀明八千代)[1] 6-1 ●24齊藤ななみ③(群馬/共愛学園)[6]

女子個人戦シングルス|準決勝

○1西郷里奈③(千葉/秀明八千代)[1] 6-3 ●13神鳥舞②(東京/早稲田実業)

○24齊藤ななみ③(群馬/共愛学園)[6] 6-2 ●31大河原悠③(埼玉/秀明英光)

女子個人戦シングルス|準々決勝

○1西郷里奈③(千葉/秀明八千代)[1] 6-4 ●5大川美佐②(神奈川/法政二)

○13神鳥舞②(東京/早稲田実業)6-3 ●10丸希星②(千葉/成田)

○24齊藤ななみ③(群馬/共愛学園)[6] 6-3 ●17齊藤唯②(東京/早稲田実業)[3]

○31大河原悠③(埼玉/秀明英光)6-4 ●25早川エレナ③(千葉/東京学館浦安)[7]

女子個人戦ダブルス|決勝

○2石川琴実③/野口綾那③(神奈川/白鵬女子)6-3 ●13川岸七菜③/大川美佐②(神奈川/法政二)

女子個人戦ダブルス|準決勝

○2石川琴実③/野口綾那③(神奈川/白鵬女子)7-6(2) ●6染谷優衣③/吉川ひかる②(神奈川/湘南工科)

○13川岸七菜③/大川美佐②(神奈川/法政二)6-2 ●11清水瑶③/狐塚理子③(山梨/山梨学院)

This article is a sponsored article by
''.