「ネイチャーバレー・オープン」(WTAインターナショナル/イギリス・ノッティンガム/6月11~17日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス準々決勝で、第3シードの大坂なおみ(日清食品)が第5シードのミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-4 6-1で破り、ベスト4進出を決めた。試合時間は1時間17分。

 WTAツアーで大坂が4強入りしたのは、初優勝を飾った3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)以来でキャリア3度目となる。

 今大会に2年連続出場となる大坂は、1回戦でサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)を3-6 6-1 6-2で、2回戦ではデニサ・アレルトバ(チェコ)を6-3 6-2で倒して8強入りを決めていた。昨年は1回戦で、クリスティ・アン(アメリカ)に1-6 1-6で敗れていた。

 両者は今回が初対戦。30歳のブザネスクは、前週末に終了したフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)で16強入りを果たしていた。

 大坂は準決勝で、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する。バーティは準々決勝で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のケイティ・ブルター(イギリス)を6-0 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 15: Naomi Osaka of Japan celebrates her win during her women's singles match against Mihaela Buzarnescu of Romania on Day Seven of the Nature Valley Open at Nottingham Tennis Centre on June 15, 2018 in Nottingham, United Kingdom. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.