ITF(国際テニス連盟)の女子2.5万ドル大会「シンガポールITF女子サーキット Week 2」(シンガポール/6月11~17日/ハードコート)のシングルス決勝で、第4シードの尾﨑里紗(江崎グリコ)はユリア・グルシュコ(イスラエル)に6-1 1-6 4-6で敗れた。試合時間は2時間37分。

 尾﨑がITF女子サーキットで決勝に進出したのは2016年11月のキャンベラ(ITF5万ドル/ハードコート)以来だったが、通算7勝目はならなかった。

 今大会での尾﨑は、1回戦でテレサ・ミハリコバ(スロバキア)を6-3 7-6(4)で、2回戦でプリシラ・ハイゼ(フランス)を6-1 6-2で、準々決勝で予選勝者のチェ・ジヒ(韓国)を6-1 6-1で、準決勝では第7シードの加治遥(島津製作所)を2-6 6-0 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 日本勢は7人がシングルス本戦に出場し、第1シードの波形純理(伊予銀行)と加治がベスト4、桑田寛子(島津製作所)は8強入りを果たした。

 ダブルスでは、加治/大前綾希子(島津製作所)が第2シードから決勝に進出。ハン・ナレ/イ・ソラ(ともに韓国)を7-5 6-2で破り、ともに今季の初優勝を果たした。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス決勝

●24尾﨑里紗(江崎グリコ)[4] 6-1 1-6 4-6 ○11ユリア・グルシュコ(イスラエル)

シングルス準決勝

●1波形純理(伊予銀行)[1] 4-6 4-6 ○11ユリア・グルシュコ(イスラエル)

○24尾﨑里紗(江崎グリコ)[4] 2-6 6-0 6-4 ●25加治遥(島津製作所)[7]

シングルス準々決勝

○1波形純理(伊予銀行)[1] 7-5 6-4 ●7テッサ・アンドリアンジャフィトリモ(フランス)

○24尾﨑里紗(江崎グリコ)[4] 6-1 6-1 ●19チェ・ジヒ(韓国)[Q]

○25加治遥(島津製作所)[7] 6-3 6-4 ●29桑田寛子(島津製作所)

シングルス2回戦

○1波形純理(伊予銀行)[1] 不戦勝 ●3井上雅(テニスラウンジ)

○24尾﨑里紗(江崎グリコ)[4] 6-1 6-2 ●22プリシラ・ハイゼ(フランス)

○25加治遥(島津製作所)[7] 3-6 6-3 6-4 ●28ナストヤ・コラール(スロベニア)

●17美濃越舞(YCA)[8] 2-6 3-6 ○19チェ・ジヒ(韓国)[Q]

○29桑田寛子(島津製作所)6-1 6-4 ●31リー・ペイチー(台湾)

シングルス1回戦

○1波形純理(伊予銀行)[1] 4-6 7-5 7-5 ●2アルディラ・ストジアディ(インドネシア)[Q]

○24尾﨑里紗(江崎グリコ)[4] 6-3 7-6(4) ●23テレサ・ミハリコバ(スロバキア)

○25加治遥(島津製作所)[7] 6-0 6-4 ●26華谷和生(三浦工業)[Q]

○17美濃越舞(YCA)[8] 6-4 6-2 ●18オリビア・タンドラモリア(オーストラリア)

○3井上雅(テニスラウンジ)6-2 6-1 ●4リネレ エン トン・リム(シンガポール)

○29桑田寛子(島津製作所)6-2 7-6(4) ●30イ・ソラ(韓国)[Q]

ダブルス決勝

○16加治遥/大前綾希子(島津製作所)[2] 7-5 6-2 ●4ハン・ナレ/イ・ソラ(韓国)

ダブルス準決勝

○16加治遥/大前綾希子(島津製作所)[2] 3-6 6-3 [10-8] ●12ベアトリス・グムリア/ジェシー・ ロンピス(インドネシア)[3]

ダブルス準々決勝

●1ヨバナ・ヤセッチ/桑田寛子(セルビア/島津製作所)[1] 6-4 3-6 [5-10] ○4ハン・ナレ/イ・ソラ(韓国)

○16加治遥/大前綾希子(島津製作所)[2] 7-6(9) 6-2 ●13アレクサンドラ・ボジョビッチ/アリシア・スミス(オーストラリア)

○16ウルリカ・エイケリ/大前綾希子(ノルウェー/島津製作所)[2] 6-3 2-6 [10-8] ●14ナタリア・コスティッチ/リー・ペイチー(セルビア/台湾)

●8井上雅/美濃越舞(テニスラウンジ/YCA)WO ○6テッサ・アンドリアンジャフィトリモ/ビクトリア・ムンテアン(フランス)

ダブルス1回戦

○1ヨバナ・ヤセッチ/桑田寛子(セルビア/島津製作所)[1] 6-1 6-3 ●2Hx Izabella TAN/クラウディア・ウイリアムズ(シンガポール/アメリカ)[WC]

○16加治遥/大前綾希子(島津製作所)[2] 6-2 7-5 ●15マリアナ・コレア/パメラ・モンテス(エクアドル/アメリカ)

○8井上雅/美濃越舞(テニスラウンジ/YCA)6-0 7-5 ●7ナストヤ・コラール/アレクサンドラ・ライリー(スロベニア/アメリカ)

●14リヤ・バティア /上田らむ(インド/ノア・インドアステージ)5-7 2-6 ○13アレクサンドラ・ボジョビッチ/アリシア・スミス(オーストラリア)

※写真は昨年の東レPPOでの尾﨑里紗(江崎グリコ)
撮影◎川口洋邦/テニスマガジン


This article is a sponsored article by
''.