「ネイチャーバレー・オープン」(WTAインターナショナル/イギリス・ノッティンガム/6月11~17日/賞金総額25万ドル/グラスコート)の女子シングルス準決勝で、第3シードの大坂なおみ(日清食品)は第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)に3-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間4分。

 今大会に2年連続出場となった大坂は、初優勝を飾った3月のインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)に続くWTAツアー決勝進出はならず。昨年は1回戦で、クリスティ・アン(アメリカ)に1-6 1-6で敗れていた。

 今週の大坂は、1回戦でサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)を3-6 6-1 6-2で、2回戦でデニサ・アレルトバ(チェコ)を6-3 6-2で、準々決勝では第5シードのミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-4 6-1で破り、ツアー大会で3度目の4強入りを決めていた。

 この結果でバーティは、大坂との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。初対戦だった2014年2月のアカプルコ(WTAインターナショナル/ハードコート)の予選はバーティが6-2 6-4で、1月のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の3回戦では大坂が6-4 6-2で勝っていた。

 バーティは決勝で、第4シードのジョハナ・コンタ(イギリス)と第6シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

※写真は大坂なおみ(日清食品)
NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 16: Naomi Osaka of Japan returns a shot during her women's singles semifinal match against Ashleigh Barty of Australia on Day Eight of the Nature Valley Open at Nottingham Tennis Centre on June 16, 2018 in Nottingham, United Kingdom. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.