「第71回 北信越テニス選手権大会」(新潟県長岡市・長岡市営希望が丘テニス場/本戦6月19~24日/賞金総額:男女各100万円/砂入り人工芝コート)が開催され、女子シングルス決勝はノーシードから勝ち上がってきた越野菜摘(関西大学)が第1シードの宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)を3-6 6-3 6-2で下して優勝を飾った。

 女子ダブルス決勝は、第8シードの古川鈴夏(茨城県競技力向上対策本部)/宮村美紀(フリー)が中沢夏帆/髙橋玲奈(ともに亜細亜大学)を6-7(3) 6-4 [10-5]で倒してタイトルを獲得した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果

女子シングルス決勝

○47越野菜摘(関西大学)3-6 6-3 6-2 ●1宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)[1]

女子シングルス準決勝

○1宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)[1] 6-3 6-2 ●32守屋友里加(テニスユニバース)[5]

○47越野菜摘(関西大学)7-6(6) 6-3 ●64清水千夏(フリー)[2]

女子シングルス準々決勝

○1宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ)[1] 6-3 6-1 ●9髙橋玲奈(亜細亜大学)[12]

○32守屋友里加(テニスユニバース)[5] 2-6 6-2 6-3 ●17吉岡希紗(四日市商業高校)[4]

○47越野菜摘(関西大学)6-4 6-3 ●33小林真理香(フリー)[7]

○64清水千夏(フリー)[2] 6-3 6-4 ●49首藤みなみ(スポーツクリエイト)[8]

女子ダブルス決勝

○17古川鈴夏/宮村美紀(茨城県競技力向上対策本部/フリー)[8] 6-7(3) 6-4 [10-5] ●10中沢夏帆/髙橋玲奈(亜細亜大学)

女子ダブルス準決勝

○10中沢夏帆/髙橋玲奈(亜細亜大学)6-2 6-2 ●7松本安莉/鈴木沙也伽(山梨学院大学)

○17古川鈴夏/宮村美紀(茨城県競技力向上対策本部/フリー)[8] 3-6 6-1 [10-5] ●25加藤慧/守屋友里加(日本大学/テニスユニバース)[6]

画像: (右から)女子ダブルス優勝の古川鈴夏、宮村美紀、準優勝の髙橋玲奈、中沢夏帆(写真提供◎新潟県テニス協会)

(右から)女子ダブルス優勝の古川鈴夏、宮村美紀、準優勝の髙橋玲奈、中沢夏帆(写真提供◎新潟県テニス協会)

※トップ写真は女子シングルス優勝の越野菜摘(関西大学/右)と準優勝の宮本愛弓(ローズヒルテニスクラブ/左)
写真提供◎新潟県テニス協会

This article is a sponsored article by
''.